アップル

カーオークションの流れと特徴

黄普通のドライブ

アップルのカーオークションの前に、まずは仕組みを理解しておこう

オークションというのは、一般的には手放したいと思っている商品を持っている人がオークションに出品し、それを欲しいと思っている人が落札する形式で売買が行われるシステムです。

中古車業界にはカーオークションというものが存在していて、

  1. 業者が中古車を書い取る
  2. その中古車をカーオークションに出品する
  3. 販売業者が落札する

という形で車は流通していきます。

カーオークションでは、人気がある車種や色、グレードなどによって落札されやすさが異なりますが、価格設定はとても大切です。

どんなに状態が良い車でも出品時の価格が高すぎるのでは誰も落札してくれません。最終的に売れ残ってしまうことになります。

デメリット – それぞれの業者間を渡る際にコストがかかる

中古車のカーオークションでは、利用者から買い取った車は買取業者、オークション会場を経て販売業者へと渡り、そこで整備や点検が行われたうえで中古車として販売されることになります。

その際には、

  • 買取り業者
  • オークション会場
  • 販売業者

と、それぞれに中間コストが発生してしまうため、利用者が買取業者に売却した時の価格と、販売業者が別の利用者に中古車を販売する際の価格には数十万円の価格差が発生してしまうという点が、カーオークションのデメリットとなります。

しかも、オークション会場まで搬送するために別の業者を使ったりすると、さらに中間コストが膨らんでしまいます。

アップルでは、オークション会場までの搬送を自社で行うため、こうしたコストを徹底的に削減することができるのです。

アップルのカーオークション戦略

橙危険と恐怖

アップル独自のカーオークションとは?

アップルでは、全国各地に存在するカーオークション会場に精通していて、どの車種がどのオークション会場で高値で取引されるかを理解しています。

同じ車種でも地域によってニーズは異なりますし、人気も異なるため、高く売却できるオークション会場もあれば、そうでもない所もあったりします。

中古車売買業者しか利用することができないカーオークション会場では、買取り業者にとって、売却を考えている車種が少しでも高く売れる会場へ車を搬送したほうが利益につながるわけです。

それに、高く売れることが分かっていれば、利用者から車の買取をする際にも高額買取が可能となります。

どこのオークション会場でどんな車種がどのぐらいの相場で取引されているかは、常に変動しています。

アップルでは、利用者から買い取った車をすぐにデータベースへ登録し、どこの会場でどのぐらいの相場で取引されているのかをリサーチした上で、最も高く売却できる会場へと車を直送しています。

車の買取査定を行う査定マンも、そうした情報をリアルタイムに取得しながら査定を行うため、常に最新の買取価格で愛車を手放すことができるのです。

アップルなら他よりも高く買い取ってもらえるというのはそのためです。



愛車の価値が
   下がる前に
   一括査定でチェック
   お試し査定もOK!


32秒で最大10社の一括査定
詳しくはコチラ
車の売却は一括査定が便利な3つの理由