カーオークションを利用する人はほとんどの場合ディーラーや販売店ですが、中には個人でオークションに参加したいという方もいるでしょう。

カーオークションのディーラー

緑飲酒NG

個人的にも利用したいよぉ

ディーラーには基本的にカーオークションが必要

中古車の買い取りや販売を行っているディーラーにとっては、カーオークションは中古車の流通ネットワークの中心となる存在と言えます。

買取業者(ディーラー)に独自ネットワークがある場合

中古車の買い取りを行っているディーラーに私たちが車を売却すると、ディーラーによっては自社の整備工場で整備を行い、同じ場所もしくはネットワーク内の別の販売店で中古車として販売することもあります。

つまり、オークションを経由せずに買取業者が買った車をそのまま自社で売る、というような経路ですね。

ですが、そのようなオークションを通さない流れは決して一般的な流通経路ではありません。

オークションを経由する場合

多くの場合、買い取った中古車はそのままカーオークションに出品され、中古車の販売を行う業者が落札をします。

その後、販売業者が整備を行った上で中古車として販売されることになります。

買い取った中古車を整備して販売する流通ネットワークを持たない業者にとっては、カーオークションがなければ買い取った車を手放すことができなかったり、販売するための中古車を仕入れることもできなくなってしまいます。

一般ユーザがカーオークションを利用できるのか?

カーオークションを利用するためには、中古車販売を行っている実績がなければ会員になれないと決められている所が多いため、一般ユーザが気軽に利用することはとても難しいです。

ただ、最近では、カーオークションの代行サービスもあり、代行サービスを利用すれば個人でも気軽にカーオークションで中古車を売却できます。

しかし、もともとはディーラーのための売買システムで、会員になるための条件にも「古物商許可証を持って1年以上が経過している」という項目が盛り込まれていることが多いです。

なので、基本的には「参加してみたい」という理由だけで参加できるとは思わない方がよいでしょう。

カーオークションを個人で利用するための3つの方法!

オークションの種類

カーオークションにはいくつかの種類があり、ディーラーはニーズやロケーションによって適切な会員ステータスを選択することになります。

  • 一般社団法人 日本中古自動車販売協会連合会(JU中販連)
  • メーカーのディーラー系
  • 中古車オークション専業系
  • 現車オークション(JAA)

例えば、現車オークション会員というステータスなら、カーオークションの会場に足を運び、会場に映し出される巨大なスクリーンを見ながら自動車の状態をチェックしたりして落札するかどうかを決めることができます。

カーオークションのプロセス

カーオークションは、全国各地にあるオークション会場で、大体週に1回位のペースで開催されています。

現車オークション会員なら会場に足を運んでセリに参加できますし、衛星オークションやネットオークション会員の場合には、自宅もしくは店舗などから衛星回線やネット回線を使ってセリに参加することができます。

入会した当日にセリに参加できるというわけではなく、入会の申込書を送付した後、入会資格があるかどうかを審査され、契約書を交わすことになります。

衛生オークション会員の場合には、専門の端末が設置される工事も必要になるので、申し込みから実際のセリに参加できるまでは日数がかかることは理解しておきましょう。



愛車の価値が
   下がる前に
   一括査定でチェック
   お試し査定もOK!


32秒で最大10社の一括査定
詳しくはコチラ
車の売却は一括査定が便利な3つの理由