車を売るにあたっては様々な方法があります。そして、あまり利用されない方法の一つにカーオークションというものがあります。

そんなマニアに人気の?カーオークションですが、意外にも費用がたくさんかかったりもしますので、実際に利用する前にしっかり勉強しておきましょう!

カーオークションにかかる費用

意外と費用がかかる

橙危険と恐怖

思った以上の負担額だったりして・・・

中古車を買取業者に売却する際には、かかる費用は殆どありません。強いて言うならローンが残っている場合には完済しなければいけないという点ぐらいではないでしょうか。

取るべき選択肢によってオークション費用も変わるので下記の3パターン確認しておきましょう。

  1. 買取業者に車を売る場合
  2. 個人でオークションを利用する場合
  3. オークション代行業者を利用する場合

1. 買取業者に車を売る場合

買取業者の場合、中古車を買い取ったあとカーオークションに出品して販売業者を探すことになります。

その際にかかる運送料やカーオークション手数料などはすべて買取業者が負担することになるため、売却した一般人ドライバーにとってはそうした費用は全く関係ありません。

2. 個人でオークションを利用する場合

カーオークションに自分自身で中古車を出品して売却する場合には、カーオークションを利用する際にかかる手数料(出品料、成約料)がかかってきます。

2-1. 出品料金

  • 国産車 10,000円/回
  • 輸入車 12,000円/回

2-2. 成約料金

  • 国産車 15,000円
  • 輸入車 18,000円

2-3. 陸送費用

陸送費用は自分で直接搬入すればお金はかかりませんが、業者に依頼する場合は別途業者に応じて費用がかかります。

車の種類や運送距離によっても変わります。1~5万円を見ておくとよいでしょう。

3. オークション代行業者を利用する場合

また、代行業者に依頼する場合には、代行手数料なども発生しますから、かかる費用の負担はさらに大きくなってしまいます。

利用する代行業者によって費用は異なりますが、下記は一例になります。
(業者によって異なります)

  • オークション出品代行手数料:35,000円
  • オークション出品料:15,000円
  • オークション再出品料:15,000円
  • 成約料:15,000円
  • 陸送費用:10,000円~

出品することを考えている中古車の買取相場などによっては、そうした費用を自己負担してもカーオークションに出したほうが純利益が大きくなることはあります。

しかし、場合によっては費用の方がかさんでしまって、最終的には買取り業者にサッと売却したほうが良かったということになってしまうこともあるので、あらかじめしっかり計算した上で判断したほうが良いでしょう。

カーオークション代行業者とは?

カーオークションの3つのリスク

赤真剣に運転

必ずリスク管理しておこう!

1. 売れ残る可能性がある

カーオークションは、出品すれば必ず落札されるというわけではありません。

出品する車の状態や価格設定によっては、誰も落札してくれずに売れ残ってしまう可能性ももちろんあります。

2. 再出品すると更に費用がかかる

カーオークションに出品して落札されなかった場合には、再出品するなら再び出品料がかかることになります。

また、そのたびにオークション会場に車を搬送しなければいけない交通費などもかかってしまいます。

3. 価格設定で失敗はできない

どうしても1度の出品で手放したい場合には、あらかじめ相場をよくチェックして「必ず落札されるお手ごろな価格」をつけることも必要かもしれません。

もしもカーオークション代行業者を利用する場合には、そうした点もよく相談しながら決めるようにしましょう。

売値の決め方については個人売買を行う時と全く同じですので、下記記事を参照してください。

適正価格より高く売る!?車の売値の決め方!

落札されると代金はどうやって受け取るのか?

カーオークションで愛車が落札された場合、基本的には落札代金から手数料などが差し引かれ、最終的な代金をカーオークションから1週間ぐらいで受け取ることになります。

オークション会場でその場で現金決済してもらえるわけではありません。

もしも今すぐに現金で買い取ってもらいたいという場合には、買取り業者の中には現金決済で即日買取り可能な業者もあるので、そうした業者に売却したほうが早いかもしれません。



愛車の価値が
   下がる前に
   一括査定でチェック
   お試し査定もOK!


32秒で最大10社の一括査定
詳しくはコチラ
車の売却は一括査定が便利な3つの理由