オークションで車を買う場合も、オークション代行業者などを利用して車を売る場合も、それぞれメリットやデメリットが存在します。

しっかりした知識もなく利用すると、思わぬ損を被ることにもつながりますので気をつけましょう。

今回は、そんなカーオークションのメリットとデメリットについて説明させていただきます。

カーオークションのメリットとデメリット

買う側は安く買える、売る側は高く売れるのがメリット

黄普通のドライブ

価格で得できるっ!?

近年では、カーオークションを代行してくれるサービスが増えていて、以前ではカーオークションの会員でなければ利用できなかった中古車の売買を個人でも代行業者を使えば利用できるようになっています。

カーオークションを利用するメリットは、なんといっても激安価格で中古車を購入できる点と言えます。

中古車は、買取り業者が査定価格で買い取った後にすぐオークションにかけられて販売業者を探すことになりますが、その際には

  1. 買取業者の利益
  2. カーオークションの利益
  3. 販売業者

の利益とたくさんの中間コストが入ってしまいます。

しかし、カーオークションを利用して中古車を選ぶことができれば、こうした中間コストをカットすることができるので、卸値で車を購入できることになります。

買取店と中古車オークション代行を比較

自宅からでもオークションに参加?

また、ITネットワークの発達によって、近年では自宅に居ながらカーオークションに参加できるようになりました。

買う場合

中古車を購入する際には、いくつもの店舗を足で回って気に入った一台を見つけるのが一般的な方法です。

しかし、が、カーオークションを利用すれば自宅にいながら数十万台の中からお気に入りの一台を見つけて落札できるというメリットがあります。

売る場合

中古車を売却する際には、

などがあります。

しかし、手間やリスクを恐れないのであれば、オークション代行を利用することもできます。

デメリットは整備面

緑飲酒NG

整備が不完全な場合もある

自動車の整備に関するスキルがある人なら、カーオークションを利用して中古車を購入する方法は、格安で気に入った一台を見つけることができるのでおおきなメリットがあります。

しかし、カーオークションでは中古車販売店で販売されている車のように、すべて整備された状態で出品されているわけではなく、車の状態によっては部品を交換したりの整備が必要になります。

そうしたスキルを持たない人にとっては、購入後の整備面がデメリットと言えるでしょう。

また、カーオークションでは中古車の試乗はできません。そのため、落札したけれど車の状態が良くなくて返品したいと言っても、それは受け付けてもらえません。

カーオークションで中古車を売る

黄普通のドライブ

売る場合の具体的な注意点も確認しておこう

カーオークションで車を売る場合のメリット

カーオークションでは、中古車を売却することもできます。この場合にも、便利なのは代行サービスを利用する方法で、買取り業者に引き取ってもらうよりも高く売却できるメリットがあります。

一般的には、買取り業者が引き取った中古車は、買取り業者の利益を上乗せした価格でカーオークションに出品されるため、その分が上乗せされた価格で売却できるということは、どの買い取り業者よりも高く手放せるということになります。

カーオークションで車を売る場合のデメリット

カーオークションで中古車を売却する際には、デメリットもあります。

それは、売却価格が安定していないということです。そのため、場合によっては思っていたよりもずっと安く手放さなければいけないことにもなってしまいます。

また、値段設定によっては、売れ残ってしまうという悲惨なことにもなります。

オークションを利用して車を売るにしても、最初の段階では一括査定を利用して相場をチェックしておかないと、気付かないうちに大損することになるので木をつけましょう。



愛車の価値が
   下がる前に
   一括査定でチェック
   お試し査定もOK!


32秒で最大10社の一括査定
詳しくはコチラ
車の売却は一括査定が便利な3つの理由