車の委託販売は試したことがりますか?デメリットは把握してますか?

カーリンクでは2種類の委託販売の方法があるので、それについて説明させていただきます。

ただ、車を売る選択肢としては他にもたくさんあるので、できる限り高く売るためにも、まずは売り方から簡単におさらいしておきましょう。

カーリンク委託販売

車の売却方法にも種類がある

赤真剣に運転

まずは売却方法にも色々あることを知っておこう

個人売買

大切な愛車を手放す際、最も高く売れる方法は、業者などを通さずに市場価格で個人売買するという方法です。

しかし、この方法では自分の車を買いたいという人を見つけることも大変ですし、名義変更や売却後の故障、金銭の受け渡しの際にトラブルが起こりやすく、車を手放す側も購入する側にとっても精神的な負担となります。

買取業者の利用

しかし、中古車の買い取り業者へ売却すると、その車はカーオークションに出品され、販売業者が落札した上で中古車として販売されるので、中間コストが多くかかってしまいます。

まったく整備が必要ない車でも、買取価格と中古車販売価格の間には数十万円のギャップができてしまいます。

業者へ売却することは、車を手放す側にとってもコスト的なメリットはありませんし、買う側にとっても高くなってしまいますが、個人間の売買のようにトラブルが起こる心配が少ないため、この方法を選ぶ人が一般的です。

通常は複数の買取業者から査定をもらって一番高いところに売ることになるので、買取業者を利用する場合は中古車査定の一括見積のサービスを利用することが推奨されています。

委託販売

カーリンクがおすすめなのは、個人間の売買と、買取り業者へ売却する際のメリットをどちらも併せ持つ委託販売という方法です。

これは、利用者が自分で売却したい価格を設定し、カーリンクが代行で販売を行うというものです。

もしもその価格で売れたら大きな利益が入ることになりますし、買取相場よりもプラス10万円以上、平均して13万円アップの買い取り額になっています。

カーリンクの委託販売の2つのコース

カーリンクの委託販売では、期間を決めて2つのコースがラインナップされています。

1.お試し販売コース

まず「お試し販売コース」は1か月間という期間を決めて委託販売を行うコースで、もしも車が売れなくても最終的にはカーリンクが買い取ってくれるというコースです。

カーリンクが最終的に買い取る場合には、利用者が希望する価格というわけではなく、カーリンクが査定で出した買取額になりますが、とりあえず売れるかどうか試してみたいという人にはおすすめのコースです。

このコースは、買取価格の相場よりもプラス10万円まで価格を設定することができます。

2.希望額に挑戦コース

もう一つ、「希望額に挑戦コース」もあります。これは、最長2か月間の間に希望する販売価格でカーリンクが代行販売を行うというもので、希望額のままで販売が成立すれば、大満足の利益を得ることができます。

もしも2か月たっても売れない場合には、カーリンクが再査定を行い、価格を見直してもう一度利用するか、それともカーリンクの買取査定額手売却するかの選択肢となります。

まとめ

カーリンクの委託販売で速やかに愛車を売却するなら、販売価格は相場をしっかりリサーチし、高すぎない価格設定をすることが大切です。

カーリンクが代行で販売してくれていても、時間の経過とともに査定価格は下がっていくので、できるだけ速やかに手放すのが高値で売却するコツです。

中古車の委託販売は保管料のデメリットが!!



愛車の価値が
   下がる前に
   一括査定でチェック
   お試し査定もOK!


32秒で最大10社の一括査定
詳しくはコチラ
車の売却は一括査定が便利な3つの理由