N BOXに関する不安

ホンダのN BOXはコマーシャルでもしばしば宣伝されていて、軽自動車の中でも高い人気を誇ります。

  • スズキのワゴンR
  • ダイハツのミライース、タント

などとともに、軽自動車の販売台数ではトップを争っているほどです。

とくにワゴンRの場合、すでにロングセラー商品となっています。

しかし、N BOXはまだ販売されて、それほど歴史も古くはないです。そこで今後自動車を手放すと考えた場合に、買取金額がつくかどうかは不透明なところがあります。

もしN BOXの売り上げが今後落ち込んだ場合、中古車市場における需要もダウンする可能性が考えられます。そうなるとこれまで数多く販売されていた中古のN BOXが数多く中古車市場で出回ることになるでしょう。

その結果、大きく値崩れを起こす可能性もないとは言えません。

もし将来自動車の買い替えも視野に入れて自動車探しをしているのであれば、N BOXはもう少し様子を見てリセールバリューが高止まりするかどうかを見極めた方が良いかもしれません。

安定感のあるジムニーがおすすめ

N BOXのクラスの自動車を購入する、将来買い替えも検討しているのであれば、スズキのジムニーがおすすめです。

中古車価格は通常新車から年単位で一定の下落率で価格が下がっていきます。

しかし、ジムニーは珍しいところがあって、1年でいくらといった感じで率ではなく定額でダウンしていく傾向が見られます。

通常中古車価格は、新車から最初の3年間は下落率が高いといわれています。ですから新車で購入した場合、自動車を手放すには少なくても3年は保有した方が良いわけです。

しかし、ジムニーの場合、定額で下落していきますからどのタイミングで売りに出しても得とか損といった問題ではなくなります。

なぜ定額で価値が下落しているかですが、中古車市場におけるジムニーの根強い人気が関係していると考えられます。

安定した需要があるため、需給バランスも一定の状態で推移するため、大きな値崩れを起こさないといえます。

ジムニーは四駆の中ではコンパクトサイズにまとまっています。

そこでアウトドアが趣味な人で、通常街乗りをすることが多い場合でも、それほど運転で不自由することが少なく、使い所のバリエーションが豊富です。

このような扱いやすさが中古車業界でも高く支持を集めています。

まとめ

N BOXとジムニーの中古車価格の差を見た場合、将来売却を検討しているのであればジムニーの方が高額査定のつく可能性が高いといえます。

要するに自動車の買い替えを見据えた購入を考える場合、今だけでなく将来も安定してその人気が持続するかどうかも見極めた方がお得な買い物ができるわけです。



愛車の価値が
   下がる前に
   一括査定でチェック
   お試し査定もOK!


32秒で最大10社の一括査定
詳しくはコチラ
車の売却は一括査定が便利な3つの理由