中古車市場の流通経路

手放した自動車はどうなる?

自動車を購入する人の中には、乗換をする人も少なくないでしょう。

ところでその場合、今まで乗っていた自動車をディーラーや買取業者などに下取ないしは買取りをお願いすることになるでしょう。

この下取りや買取りで引き取った自動車ですが、中古車市場で売りに出されます。中古車市場の流通経路の中でも、ディーラーや買取専門店が多く利用しているのは、オートオークションです。

オートオークション

オートオークションとは、中古車販売業者などが入札に参加している会場です。

こちらで中古車を仕入れて、自分のお店で中古車として販売するわけです。一般の方は原則このオークションへの参加はできませんが、代行業者に依頼という形で、オークションで次に乗る中古車を購入することは可能です。

大手の買取業者や中古車販売店の中には、買取りした自動車を自分のお店で中古車として販売しているケースも見受けられます。

オートオークションなどの中間マージンが発生しない流通経路なので、他と比較して高額買取してくれる、販売するときにも中古車価格を安くできるといった強みがあります。

カーオークションについての全知識と利用するための方法まとめ

個人売買

その他には個人売買も日本の中古車市場で流通経路として確立されつつあります。

たとえば、ネットオークションなどに自分の自動車を出品します。そして応札があれば、買い手に売却する方法です。

この場合、買い手と売り手が直接売買取引をするため、高額で自動車を売ることも可能です。

しかし自動車を手放したのに代金がいつまでたっても入金されないとか、自動車の名義変更手続きを行っていなかったがために、自動車を手放しているのに自分のところに自動車税の請求が来たといったトラブルもしばしば起きています。

車の個人売買で取引を成功させるための知識と実践方法の全て

中古車を購入するお店

  1. ディーラー……新車だけじゃなく中古車も扱ってる場合がある
  2. 中古車販売店……その名のとおり中古車メイン

では次に購入する中古車をどこで買い求めるかですが、一般的なのは中古車販売店でしょう。

先ほど紹介したオートオークションで調達した中古車を中古車販売店は、自分のところの店舗にディスプレイします。

そしてお客さんに販売するわけです。またディーラーで新車だけでなく、中古車を販売していることも多いです。

この中古車ですが、そのディーラーが下取で引き取ったものもありますし、系列店で引き取った中古車を販売するという方式をとることも多いです。

ディーラーか中古車販売店か?

ディーラーと中古車販売店のいずれで購入すべきかですが、もしできるだけ低価格で中古車を購入したければ、中古車販売店がおすすめです。

いろいろなメーカーの車種を取り揃えているところも多いので、自分の欲しい自動車が見つかる可能性も高いです。

しかしディーラーの場合、保証などのアフターフォローが充実しています。

また整備工場でメンテナンスをしっかりした中古車を販売しているので、高いですが安心して中古車を運転できるメリットがあります。



愛車の価値が
   下がる前に
   一括査定でチェック
   お試し査定もOK!


32秒で最大10社の一括査定
詳しくはコチラ
車の売却は一括査定が便利な3つの理由