ポルシェ

高級スポーツカーの代表選手ポルシェ

ポルシェはドイツを代表する高級スポーツカーのブランドで、世界中で高い人気を集めています。独特の低い車高に流れるようなデザインが魅力的で、日本でもたくさんのファンがいます。

日本国内における新車の輸入台数は年間5,000台ほどで、1,000万円前後の価格設定がされているモデルがほとんどです。

下記のような車種があります。

  • 718
  • 911
  • 918 Spyder
  • ボクスター
  • パナメーラ
  • マカン
  • カイエン

もともとの新車価格が高いので、その分中古車買取価格も高い状態を保っています。車の状態などにもよりますが、300万円から600万円ほどで取引されることが多い傾向にあります。

どのグレードでも高く売れるので安心して査定に出せる

日本国内におけるポルシェの販売は、世界のほとんどのエリアと同じく上述したモデルとなっています。

911は1963年から続くポルシェの象徴ともいえるモデルですので、年式が古いものでも人気グレードだと逆にプレミアがついてかなりの高額で取引されることもあります。

また、それぞれのモデルでもグレードによって内装や装備などが異なりますので、買取相場もグレードによる違いが大きくなります。

場合によっては、200万円ほどの違いが同じモデルの中でも付くことがありますので、グレードの違いには注意して売却価格を見積もってもらることが重要です。

ポルシェは完全なるスポーツタイプの車が特徴ですが、その中でもマカンは唯一のSUV車ということで、少し雰囲気が異なります。

価格も抑えられているモデルですし、ファミリー向けの車としても人気が高いので、中古車マーケットでも注目されている車です。

買取店でも好条件で買取をしてくれることも多いので、いくつかの店舗を回ってより高い査定額を提示してくれるところを探すようにしましょう。

車査定は複数業者へ依頼しないと損する具体的な理由

走行距離はさほど買取相場に影響しない

どの車でも年式が古くなり、走行距離が伸びるほど買取相場は下がるものです。もちろん、この原則はポルシェにも当てはまりますが、他のブランドに比べるとさほど大きな影響をもたらすことはありません。

それだけ、ポルシェというブランドに安定した人気が集まっているということですし、自動車自体への信頼度も高いということの表れと言えます。

そのため、ある程度走っている車でも、気兼ねなく査定に出すことができるのがうれしいポイントです。

走行距離よりも、車の状態そのものが買取価格に大きな影響をもたらすことになります。

ポルシェは美しい塗装も人気の理由の一つですので、オリジナルの塗装を保っていて、なおかつ傷などがない良い状態を保っているかということが重要です。

また、内装もシートの張替などをしておらず、きれいなままで保たれているとより高く売れることになります。

車買取店が車査定でチェックする箇所まとめ!

ポルシェほどの高級車になるとメンテナンスにもコストがかかりますが、しっかりとしておくと後々高く売れますので結果的にはお得になるでしょう。



愛車の価値が
   下がる前に
   一括査定でチェック
   お試し査定もOK!


32秒で最大10社の一括査定
詳しくはコチラ
車の売却は一括査定が便利な3つの理由