スマート

グレードは多くないので車の状態が買取価格の基準となる

MCCスマートは、モデルとグレードが限定されていて、それほど多くのバリエーションがありません。

そのため、グレードによる中古車買取相場の変動はあまり大きくなく、車の状態が大きな影響をもたらします。

車買取店が車査定でチェックする箇所まとめ

特に、かなりコンパクトなサイズですので、安全性能に支障があると大変です。そのため、足回りやグリル回りの状態が悪いと買取価格がぐっと下がってしまうこともあります。

それほどハードな走りをするような車ではありませんが、やはり取り回しの良さが身上の車ですので、しっかりと足回りのメンテナンスを行うことが重要になってきます。

こうしたメンテナンスを怠らずにいると、査定の際にも鑑定士の印象が上がって、査定額のアップという結果につながることもあります。

走行距離が上がるとMCCスマートは中古車買取価格が下がるので早めのサイクルにすることが肝心

MCCスマートは軽自動車の基準になっているモデルもありますので、走行距離についてはある程度シビアに見られます。

やはり、6万キロを超えるころから中古車買取相場は急に下がってくることになります。

国産車に比べると修理部品が入手しづらいという背景もあり、走行距離が伸びている車に関しては、国産車よりも買取価格が低くなってしまうことも多くなります。

こうした事態を避けるためにも、できるだけ早いサイクルで売却を行い、買い替えのタイミングを速めるとよいでしょう。

また、MCCスマートは街乗りが基本的なスタイルですので、都市部にある買取店では高い査定額を出してもらえるものの、地方部では低くなってしまうという可能性があります。

こうした地域差も考えて、より高く買ってくれる店舗を見つけられるように、いろいろなお店を回ってみるのが良いでしょう。

ただ、実際に足を運んで店舗回りをするのは困難なので、中古車一括査定のサービスを利用するのが現実的です。

できるだけたくさんの査定をだしてもらうことで、より高く売ることができるので少し面倒かもしれませんが時間をかけて売却を進めましょう。

2人乗りのコンパクトカーを専門とするMCCスマート


(MCC スマート fortwo カブリオ)

MCCスマートは、もともとスイスの時計メーカーとして有名なスウォッチとダイムラー・ベンツが提携してできたブランド名です。

2人乗り限定のコンパクトカーを専門としていて、かわいいデザインと共に街乗りとしてはとても取り回しの良いサイズと運転性能がうけて世界中で人気を博しています。

日本でも都市部を中心に、セカンドカーとしての人気が高く、デザイン性の高さとあわせて話題を呼びました。

いくつかの世代が1997年の発売開始から出されていて、どの世代もキュートなデザインのおかげでかなりの注目度となっています。

中古車市場の中でも、独特のカテゴリーではありますが、安定して取引がなされていて、中古車販売、買取どちらの側でも良い値段が付けられています。

もともとの新車販売価格は、100万円台とそれほど高価ではないので、中古車買取相場も100万円以下となることが多い傾向にあります。



愛車の価値が
   下がる前に
   一括査定でチェック
   お試し査定もOK!


32秒で最大10社の一括査定
詳しくはコチラ
車の売却は一括査定が便利な3つの理由