車で事故った場合の選択肢として「修理」か「買い替え」がありますが、どうすればいいか迷ったことはありませんか?

保険料で降りる修理費なども考慮しながら、より良い方法を模索していきましょう!

事故車修理と買い換え

青笑顔で運転

日用品でも、修理に出すか買い替えるかって迷う時あるよね

橙危険と恐怖

ベストな選択肢を導いてくれ・・・

黄普通のドライブ

車じゃない商品の場合は保証期間とかの兼ね合いもあるしね

赤真剣に運転

車の場合だと、保険がどこまで下りるかってのが重要になったり

事故車は廃車にするべきか

事故で車を損傷させてしまった場合、

  1. 修理に出して再び使用する
  2. 廃車にして買い換える

といった選択肢があります。どちらが良いかというのは車の損傷の程度によって変わってきます。

ボディやバンパーに傷がついた程度であれば、業者に依頼せず自分で傷跡を目立たないように修理することも可能です。

しかし、エンジンの交換が必要になるような場合は業者に修理を依頼する必要があり、修理費も高額になります。

保険は時価までしか出ない

車両保険に加入していれば、事故を起こしても修理代を負担してもらうことができます。しかし、車両保険の保険料は車の時価(その時の商品としての価格)までしか受け取ることができません。

相手に100パーセントの過失があり、相手の任意保険から保険金を受け取る場合も同様です。

なお、車の時価というのは相場価格とは異なります。販売店で提示されている価格はあくまで仕入れ価格に利益を上乗せしたものです。

そのため、保険業界における車の時価は時価額というよりも下取りや買取りにおける査定額に近いものと考えられます。

保険料を超えた場合は基本的に自己負担

車両保険に加入していても、修理費が保険料を超えた場合は自己負担となります。

  • 対物全損特約
  • 対物全損時修理差額費用特約
  • 対物超過修理費用特約

などの保険に加入していれば超過した修理費の補填を受けることができますが、これらも保険料の支払いは最高で50万円というのが一般的です。

修理費が自己負担となると修理するべきかどうか悩む人が多いです。修復歴があると将来的に下取りや買取りに出す時にかなり査定額は減額されることになります。

車は半永久的に使い続けられるものではなく、何時かは手放す時がくるものです。そのため、事故を切っ掛けとして廃車を選択する人も少なくありません。

廃車にする前に下取りや買取りの査定を依頼する

車は動かなくなっても部品が再利用できる場合があり、また、材料として使われている鉄には資源としての価値があります。

近年では自動車のリサイクルに対する気運が高まっており、鉄の価格も上がっており、酷い損傷のある事故車でも想像以上の高値がつくことが多いです。

まずは試してみる?事故車・過走行車に売れる可能性はあるの?

車は廃車にするだけでも手間と費用がかかります。

しかし、下取りや買取りで値段がつけばそれらを全て省くことができ、新しい車を安く手に入れたり、お金に替えたりすることが可能です。

廃車にする前に一度ディーラーや買取専門店に問い合わせてみた方がいいでしょう。

こうやって選べ!中古車の買取相場と下取相場の違いと利用法

【補足】査定に出す前に車の見た目をキレイにする意味はある?

ところで、事故車を査定に出す場合に、一度修理に出して見た目をキレイにするという人がいます。

しかし、見た目をキレイにしたところで修理代を上回るような査定をもらえることは非常に稀です。

ボディやバンパーにヘコみがあっても、基本的にはそのまま査定に出した方がいいでしょう。

おすすめの中古車査定ってオンライン一括査定なの?



愛車の価値が
   下がる前に
   一括査定でチェック
   お試し査定もOK!


32秒で最大10社の一括査定
詳しくはコチラ
車の売却は一括査定が便利な3つの理由