ランボルギーニ

フェラーリと対をなすスーパーカーの象徴ランボルギーニ


(ガクトの金色ランボルギーニ)

ランボルギーニは、イタリアの高級スポーツカーとして世界中で高い人気を誇っているブランドです。

イタリアを代表する高級スポーツカーブランドであるフェラーリとは、工場の場所が近かったり同じような価格帯でも、異なる思想で車づくりをしていたりと、対をなす高級スポーツカーブランドとして比較されることも多くなっています。

歴代のランボルギーニはどのモデルも世界中で高く評価され、古いモデルなどは逆にプレミアがついて新車よりもはるかに高い値段で取引されることもあります。

また、ヴェネーノを始めとする限定モデルをたまに発表しますが、こうした限定車種はさらに高い値が付くこともあります。

日本でもほとんどのモデルが正規販売店によって入ってきています。現行車種の

  • ウラカン
  • アヴェンタドール

がメインモデルとなっていますが、中古車マーケットでは旧式の

  • ディアブロ
  • カウンタック

も高値で取引されています。

スーパーブームの象徴とも言える高級スポーツカーですので、年式が古くなっているとしても変わらぬ人気で中古車買取価格も相当な値段になります。

限定仕様のグレードなどはプレミアがつくことも

ランボルギーニは、受注生産をメインとしていますので、それほどたくさんの車種を出しているわけではありませんが、オーナーの要望に応じた限定仕様のグレードなどもあります。

こうしたレアなタイプになると、場合によってはプレミアがついて中古車といえども相当の値段が付くこともあります。

このようなケースでは、当然一般の中古車買い取り専門店では対応できませんし、適正な価格が付けられるかどうかわかりませんので、ランボルギーニを通常でも扱っているような高級輸入外車の専門店に行くことが重要です。

もしくは、正規販売店に立ち寄って買取相場の状態を聞いてみるのもよいでしょう。

ファン同士の取引もそれなりにある

もっとも、ランボルギーニなどの高級スポーツカーになると買取店を挟むことなく、ファン同士で取引がなされることも多くなっています。

そのため、SNSなどを利用してファンのコミュニティに参加して、愛車がどのくらいの値段で取引されているのかを聞いてみるのもありと言えばありです。

こうした場所での会話というのも、買取相場を把握する上で役立ちます。

特に、レア度が高いグレードや特別仕様の車などは、商売で取引をしている買取店とファン同士の取引では値段の違いが生じることも多くなります。

走行距離はさほど重要視されずボディーの状態などがポイントになる

ランボルギーニクラスの高級スポーツカーになると、ちょっとした擦り傷があるだけでも、値打ちが下がってしまうものです。

キズを直すことで車の査定額がアップするのか?

もちろん、走行距離がどのくらいかは一応確認されますが、よほど走りこんでいるなどのケースでない限りは、ボディーの状態の良し悪しが中古車の買取相場を決めることになります。

ホイールの傷なども細かくチェックされますので、常に気を付けて車を良い状態に保てるようにしたいものです。



愛車の価値が
   下がる前に
   一括査定でチェック
   お試し査定もOK!


32秒で最大10社の一括査定
詳しくはコチラ
車の売却は一括査定が便利な3つの理由