トヨタ

豊富な車種があるので買取相場を下調べしておく


(↑泣けると評判の、トヨタが開発した衝突回避支援パッケージ『Toyota Safety Sense』の動画)

トヨタ車は数ある自動車ブランドの中でも、豊富な車種がありますので、

  • モデル
  • 年式
  • 車の状態

などによってかなり買取相場が変わってきます。

同じモデルでも、ちょっと年式が違ったり、装備が異なったりするだけで、数割の価格差が出ることもあります。

そのため、まずは一括査定などのサービスを利用して買取相場を把握するのが良いでしょう。

そうやって査定額をいったん出してもらえば、価格交渉がしやすくなります。

トヨタ車はレクサスブランドでない限りは、ファミリカーなどの大衆向けの自動車に人気がありますので、

  • バンタイプの車
  • ボックスワゴン

などが買取相場として安定しています。

また、プリウスを始めとするハイブリッドカーは、やはりトヨタの技術力の高さを評価する人が多いため、モデルを問わず人気があります。

グレードによるトヨタ車の買取相場の違いは大きい

トヨタ車はモデルのシリーズの豊富さだけでなく、同じ車種でもグレードがたくさんあるため、価格差が大きくなるという傾向があります。

たとえば、同じコンパクトカーとして人気があるヴィッツでも、スポーツタイプのものからセカンドカーとしてコストパフォーマンスに重点を置いた経済的なものまであります。

当然、装着されているパーツも違いますし、見た目の感じもまるで違います。

こうした違いは買取相場にも現れていて、カスタムエディションなど全体的な流通が少ないグレードは買取相場も高くなる傾向があります。

新車購入価格からの下落率もさほど落ちませんので、売るにはとてもお得なグレードだとなるでしょう。

一方で、ポピュラーで経済性を重視しているグレードは、走っている総数も多いですし、売り買いの回転が速いので、どうしても買い取り価格が下がる傾向にあります。

走行距離が伸びるとどんどん買取価格が下がるので早めに売ることを心がける

トヨタ車の中古車販売、買取マーケットは多く、たくさんの種類と数が出回っています。

そのため、走行距離が伸びてくると、どうしても急激に買取価格が下がってしまうという傾向があります。

一般的には、8万キロの走行距離を超すと、かなりの価格下落となってしまいますので、早めに売ってしまった方がお得となります。

また、意外にも新古車に近いような数千キロから1万5,000キロの走行距離も、新車購入価格からの下落率を考えると買取価格が安くなってしまいますので、売り時は3万キロから6万キロというところでしょう。

車の査定額は何キロ超えでアウト?

このくらいの走行距離であれば、距離に応じたそれなりの買取相場となります。

どちらにしても、トヨタ車の場合は早めの買取、次の車の購入サイクルを作った方が、全体的にお得に車の買い替えができますので、新しくトヨタ車を買おうと思っているのであれば、次の車を見越して車を選ぶことが肝心です。



愛車の価値が
   下がる前に
   一括査定でチェック
   お試し査定もOK!


32秒で最大10社の一括査定
詳しくはコチラ
車の売却は一括査定が便利な3つの理由