マツダ

走行距離の長短よりもモデルの新しさによる変動が大きい


(リトラクタブルハードトップモデル「マツダ ロードスター RF」 / Mazda MX-5 RF。音声なし。)

マツダ車の場合は、新しいモデルかどうかということが、買取相場を決めることが多い傾向にあります。

そのため、走行距離が伸びてしまっていても、新しいモデルであればそれなり高い査定額を付けてもらえることが多いでしょう。

これは、車を売る側にとってはメリットとなりますので、気兼ねなく買取査定を依頼することができます。

逆に、古いモデルであれば、走行距離が伸びるごとに買取相場もどんどん下がってしまいますので、買い替えを考えているのであれば、早い段階で買取をお願いする方がお得に買い替えができるでしょう。

このように、マツダ車はモデルの新旧によってかなり中古車の価値が変わってきますので、自分が持っている車がどの世代の車に当たり、どのくらいの人気があるのかということをチェックして、売り時を見極めるのが高く売るために良いでしょう。

大きく様変わりしてグローバルブランドとして成功している

マツダは日本国内でもトヨタや日産などと比べると、一昔前はマイナーな自動車ブランドとなっていました。

一部のモデルを除くと、若い人や女性に選ばれることが少ないブランドでしたが、今では

  • デザイン性
  • 乗りやすさ
  • 価格の手ごろさ

などからあらゆる層に好まれるブランドとなっています。この変化は、日本国内よりも海外で強くみられます。

ダウンサイジングターボやクリーンディーゼルなどの画期的な開発によって、海外では日本以上に大きなマツダブームが起こっています。

やはり、

  • 革新的なデザイン
  • 燃費の良さ

こうした質の高さに比較して新車価格が安いことなどから、自動車メーカーの主要なマーケットとなっている北米はもちろんのこと、中年米やヨーロッパでも広く受け入れられるようになっています。

新しいモデルに人気が集まっている

このように、大きな変化をもたらしたということもあって、マツダ車は最近のモデルに人気が集まっています。

デミオなどのコンパクトカーは、少し前のグレードであってもさほど大きな買取相場の変化はないのですが、バンタイプの車やステーションワゴンワイプの車などは、やはり新世代のグレードに高い人気があり、買取相場も高めに推移しています。

若い世代にも受け入れられるような、流線型のデザインがその人気の理由の一つとなっていて、装備の充実度よりも車本体の魅力にひかれて人気が高まっています。

また、日本では

  • クリーンディーゼル
  • ダウンサイジングターボ

などの魅力があまり広まっていませんが、北米やヨーロッパでは、こうしたマツダの特徴が人気を呼んでいます。

これから、日本でも注目を浴び、中古車マーケットでも大きなカテゴリーを築くこともありますので、中古車相場が上がる可能性も高いでしょう。

現在は、あまり注目度が高くないため、それほど安定した価格とはなっていませんが、これからの変動に目を留めるとよいでしょう。



愛車の価値が
   下がる前に
   一括査定でチェック
   お試し査定もOK!


32秒で最大10社の一括査定
詳しくはコチラ
車の売却は一括査定が便利な3つの理由