日産

純正パーツも多いのでグレードによる買取相場の差も大きくなる


(「さらばあぶない刑事」日産車トレーラー映像。軽く笑えます。)

日産は、自動車本体だけでなく、様々なタイプのパーツや純正装備品をラインナップしています。

そのため、同じモデルの自動車でも、いろいろなグレードが存在していて、乗り手の好みや経済状態によって選べる範囲が広いのが魅力となっています。

カーナビやオーディオが純正品でも査定が安くなる場合がある?

新車での購入価格そのものがそれなり変わってきますので、当然中古車の買取相場もグレードによって変動します。

特に、

  • スポーツタイプの車
  • バンタイプの車

などは、装備によってグレードの違いが大きくなります。

場合によっては、同じモデルでも100万円近い価格差が生じることもありますので、グレードの違いを意識して査定を出してもらうとよいでしょう。

査定をお願いするときは、もともと装着されている備品だけでなく、

  • ディーラーオプション
  • 社外パーツ

などについても説明して、少しでも査定価格に上乗せしてもらえるようにするとよいでしょう。

鑑定士は中古車を見るプロですから、少し調べればすぐにこうしたオプション品やパーツのことを見つけられ、それに応じた適正価格を付けます。

ただ、あえて顧客から自発的にそのようなアピールを受けると、少し上乗せしようという気持ちになりますので、気に入っている押しポイントをアピールすることは大事です。

車を高く売るためのアピール方法

ファミリーカーを中心に走行距離による買取相場の差が大きくなる

日産車はモデルによって、走行距離の違いによる価格差が大きくなる傾向があります。

人気が安定しているスポーツタイプの車やバンタイプの車などは、少しくらい走行距離が伸びていてもそれほど買取相場が下がることはありません。

しかし、ノートを始めとするファミリー向けの車では、走行距離が長くなったり年式が古くなると、買取相場の落ち幅が大きくなります。

そのため、このようなタイプの車はあまり買取価格が落ちないうちに、早めに買取してもらうのが賢い方法だと言えるでしょう。

技術の日産だからこそ、予想外に高く売れることがある

世界に誇る自動車メーカーをいくつも抱える日本自動車界の中でも、日産は技術を武器に斬新な自動車を次々と送り出しています。

また、経済面でも優れた自動車を作るのが得意ですので、大衆車ブランドとして確固たる地位を築いています。

  • 自動運転システム
  • リーフに代表される完全な電気自動車

など、他の自動車メーカーに先立って新しい技術を実用化しているのが、日産の大きな特徴であり強みと言えるでしょう。

かと言って、自動車本体価格が高くなってしまうということもなく、新車でもお手頃な価格設定がされている車種が多くなっています。

コストパフォーマンスの高い自動車が多いというのが、日産の自動車に共通しているイメージとなっています。

こうした背景から、トヨタ車などに比べるとマーケットは小さいものの、中古車販売、買取の分野でも安定した人気があるのがメリットとなっています。

売りやすい車種によっては、予想外に高い値がつくラッキーもありますので、価値が下がる前に一度査定に出してみるのが良いでしょう。



愛車の価値が
   下がる前に
   一括査定でチェック
   お試し査定もOK!


32秒で最大10社の一括査定
詳しくはコチラ
車の売却は一括査定が便利な3つの理由