HINO(日野)

国内では最大手のトラック、バス会社である日野自動車


(日野プロフィア Pro-Shift 0-60 フル加速)


トラック査定業者オススメの3社

トラック買取.com

トラック王国

1069堂(トラック堂)

※査定は全て無料です。


日野自動車は、トヨタ自動車のグループ会社の一つで、トラックとバスの分野では日本で最大手となっています。

日本だけでなく、世界中でトラックを中心とする販売網を持っていて、

  • 北米
  • 中南米
  • アジア圏

などで高いシェアを持っています。

トラックの品質や耐久性、メンテナンスのコストパフォーマンスの良さなどが高い評価を受けていて、親会社であるトヨタ自動車と同じく大きな信頼を世界中で受けています。

日本においても、様々な分野で日野自動車の大型車が用いられています。

  • 物流用のトラック
  • 工業用車
  • 公共バス

などにも利用されていて、全国どこに行っても日野自動車のニーズは高い状態にあります。

こうしたことを背景に、中古車マーケットにおいても日野自動車のトラックやバスは取引量が多く、活発に売買がなされています。

色々な車種がありますので、購入希望者の要望に合わせやすいというのも大きなメリットとなっています。

トラックはグレードが少ないがバスはかなりの種類がある

トラック

日野自動車の現行車種はトラックでは、

  1. プロフィア
  2. レンジャー
  3. デュトロ

が日本国内におけるメイン商品となっています。

3つと少なめに見える車種ですが、貨物室のカスタマイズや装備の変更によってかなりのバリエーションが出てきますので、実質的には無数のタイプが存在することになります。

中古車の買取相場も、冷蔵車か特殊車かなどによって、装備状況による価格の変動が大きいので、ここの装備をしっかりと確認したうえで買取価格を把握することが求められます。

バス

トラック分野ではグレードが少なめですが、バスとなるとたくさんの車種があります。

  • 小型の街用のバス
  • 長期利用の大型バス

まであって、かなり汎用性が広いのが特徴です。

新車の状態の販売価格も、

  1. シートのグレード
  2. 内装の仕方
  3. 照明の入れ方
  4. 音響などの付加的な装備

などの内容によってかなり異なってきます。

こうしたことから、装備も含めて一括して査定を正確に行ってくれる、専門の中古車買取店に査定を依頼する方がよりきっちりとした買取価格を得ることができます。

走行距離で価格が決まることもある

タフな利用が求められるトラックやバスは、年式が古いかどうかということよりも、どのくらい走行距離がいっているかということの方が重要です。

エンジンも足回りも走行距離が伸びる分だけヘタリが早くなりますので、査定の基準としても走行距離が重要になってきます。

走行距離が長くなればなるほど、どうしてもメンテナンスにかかるコストも大きくなってきますので、買取価格を下げる原因となってします。

そのため、買取相場が下がってしまう時期を見極めて、できるだけ高い状態で売ることが求められます。

定期的に査定を行うなどして、どのくらいの値段が付くかをコンスタントにチェックするのが、売り時を見極めるための一つの方法となります。

トラック査定業者オススメの3社

トラック買取.com

トラック王国

1069堂(トラック堂)

※査定は全て無料です。



愛車の価値が
   下がる前に
   一括査定でチェック
   お試し査定もOK!


32秒で最大10社の一括査定
詳しくはコチラ
車の売却は一括査定が便利な3つの理由