ぬいぐるみや雑貨、あるいはパンなども委託販売はあるのですが、中古車の委託販売はどうなのでしょうか?

委託販売の特徴やメリットをしっかり学んで、利用すべきかどうかを判断しましょう!

緑飲酒NG

委託ってことは商品を預けるってことだよね

青笑顔で運転

そうだね

橙危険と恐怖

預けて勝手に売ってもらえるなんてラッキーじゃない

黄普通のドライブ

一見するとそう思えるけど、実際は・・・

赤真剣に運転

僕は可愛い子に人生を預けたいです・・・

中古車の委託販売

中古車の販売方法の委託販売って何?

青笑顔で運転

車を売る「場所」だけ提供してくれるの

中古車を販売する方式はいくつかありますが、その中の一つに委託販売というものがあります。

簡単に言うと、中古車を取り扱っているお店に自分の自動車を置いてもらって売ってもらう方法をさします。

もし自分の自動車に買い手がついた場合、その代金を販売店から受け取れます。

普通に中古車販売店に売る場合、いったんお店の車になって、そこから次の乗り手に引き継がれます。

しかし委託販売の場合、あくまでも販売店は売るためのスペースを貸し出すだけで、皆さんから名義は直接次の乗り手に渡る形になります。

委託販売は売る側にとってはデメリットが大きい?

保管料というコストがかかる

もし愛車をそろそろ売ろうと思っているのなら、委託販売という方式はあまりお勧めできません。最大の問題点は、もしかするとあまり大きな売却益を受けられない可能性がある点です。

すぐに買い手がつけばいいのですが、車種によってはなかなか売れないというケースも十分想定できます。

そうなると、販売店に対して自動車を保管してもらっている保管料というコストをずっと支払い続けないといけなくなる場合があります。

長く売れない状態が続くと保管料というコストを多く負担することになって、愛車を売却することへのうまみが少なくなります。

委託販売は販売店が圧倒的に得をするビジネス

そもそもこの委託販売という方式は、販売店にとってメリットの大きな手法なのです。店としてみれば、売り出す場だけを貸し出しているわけで在庫を持つ必要がないです。

このため、コストも低く抑えることができます。自分たちで買い取っている場合、在庫がなかなか売れないのは大きなマイナスです。

赤真剣に運転

販売店は在庫リスクを抱えなくて済むんだね

しかし委託販売であれば先ほど紹介したように、保管料などを受け取れるので損することもありません。

もし売れなければ、愛車を持ってきた人に返すとか、買取するなどいろいろな選択肢があります。

買取する場合でも「売れていない自動車だから」と言えば、安価で引き取ることも可能です。

自分で乗り続けることができる方式もある

委託販売というのはそもそも、店に愛車を置いて売ってもらう方式でした。

しかし最近では自動車が売れるまでは、売り手が引き続き自動車を利用できるようなスタイルのものも出てきています。

この場合保険料は自動車を預けていないので必要なくなり、管理料だけを支払う方式になります。管理料だけであれば、従来の保管料込みと比較すれば、コストを引き下げることができます。

委託販売まとめ

一見すると委託販売は、自分の好きな売値で売却できるのでお得なような印象があるかもしれません。

しかし上で紹介したように、車種によっては買取するのと比較してむしろ損してしまうかもしれないリスクのあることを認識しておくべきです。



愛車の価値が
   下がる前にチェック!
   お試し査定もOK!


32秒で最大10社の一括査定
詳しくはコチラ