どれほど自分で注意して車を運転していても、相手(加害者)側のミスで事故に合ってしまうこともあるでしょう。

その場合、保険で車を修理したとしても、車を下取りに出す時や買取店に売る際に価格が下がってしまいます。

あなたは被害者なのに、それでは悔しいですよね?

では、そんな時どうすればよいのか?「事故減価格証明書」の意味や取得方法について知っておきましょう。

事故減価格証明書

修復歴車は査定評価が落ちる?

緑飲酒NG

俺のせいじゃないのに!?

日々安全運転を心がけている人がもちろん多いでしょうが、中には交通事故に巻き込まれるケースも出てくるかもしれません。

  • ちょっとぶつかってボディがへこんだ
  • こすってしまった

という程度であれば、業者に依頼すればほぼ元通りに戻るでしょう。また修理費もそれほどかからないはずです。

しかし大きな事故になって、

  • フレームの修理をした
  • ドアを交換した

という事態になると自動車の基本性能がいくら見た目はきれいに修理できても落ちる可能性があります。

フレームなどの構造部分の修理をした自動車のことを、

  • 修復歴車
  • 事故車

と言います。このような修復歴車や事故車は、自動車査定の中では評価落ちの対象になります。

事故車・修復歴車の定義

事故減価格証明書を請求しよう

もし自動車をぶつけられたなどで、皆さんが被害者となり事故車にさせられたのであれば、修理代と評価落ちになってしまった自動車の損害賠償請求を行うことができます。

交通事故の損害賠償

しかしこの場合、確かに事故を起こしたことで自動車の価値が下がったことを証明しないといけません。
その証明書になるのが、「事故減価格証明書」と呼ばれるものです。

事故減価格証明書は日本中古自動車査定協会というところで手続きをすれば、発行してもらえます。

事故によるクルマの価格落ち(評価損)

クルマをぶつけられ修理した後でも、事故の程度によって価格が下がることがあります。その事故による価格落ち分を事故減価額として証明します。

こんなとき

・事故によって下取り価格が変わるって本当?
・事故によりどの位価格が下がったのか知りたい
・クルマをぶつけられ修理費はもらったが納得できない

出典:査定業務:クルマの査定 こんなとき、査定協会をご利用ください

事故減価格証明書を発行するには協会による査定を受ける必要がある

黄普通のドライブ

ちょっと面倒だけど大損しないために・・・

事故減価格証明書は、日本中古車査定協会の支部に連絡をして、発行手続きを行います。ちなみに支部は日本全国にありますから、近くにある支部を利用しましょう。

ただしこの事故減価格証明書を発行してもらうためには、事故と査定の因果関係を証明するために協会による査定を受ける必要があります。

ちなみにこの査定手数料が、下記のようにかかります。

  • 軽自動車(660cc以下の乗用車・商用車・貨物車)
    ⇒ 5,400円
  • 普通車(661cc~3,000cc以下の乗用車・商用車、0.3t~2tの貨物車)
    ⇒ 7,020円
  • 普通車(3,001cc以上の乗用車・商用車、3t~4.5tの貨物車)
    ⇒ 9,720円
  • 大型貨物車(4.6t以上の6t車ベース、8t車ベースの貨物車)
    ⇒ 10,800円
  • 大型貨物車(10t車ベースの貨物車)
    ⇒ 11,340円

また出張査定をお願いした場合には、出張費用として4000円が上乗せされます。

値段ですが、対象の車種によって違ってきます。一般的に自動車のサイズが大きくなればなるほど、査定手数料が高くなります。

保険で修理しただけで終わらせないように

橙危険と恐怖

専門家の目はごまかせない

交通事故を起こした人は、保険で修理費用をねん出して自動車が見た目元通りになればそれでいいやと思っている人も多いようです。

しかし、見た目元通りでも、構造部分が損傷を受けていれば、もはやその自動車は前の自動車ではなくなっています。

緑飲酒NG

スポーツ選手の長年の疲労による故障のように、見た目は大丈夫そうに見えても、内部はボロボロぉ~ってね

事故車であることがわかれば、査定ではかなりのマイナスになると思った方が良いでしょう。

なので、事故減価格証明書を発行してもらって、車の価値が著しく下がった場合加害者にその賠償を請求するとか、保険による補償を要求するなどの対策を講じるべきです。

事故車であるかどうかは一見区別がつかなくても、査定士のようなプロが見る所を見ればしっかりわかってしまうものです。

事故減価格証明書の発行手続きは絶対に行うようにしましょう。



愛車の価値が
   下がる前に
   一括査定でチェック
   お試し査定もOK!


32秒で最大10社の一括査定
詳しくはコチラ
車の売却は一括査定が便利な3つの理由