それなりの物を買う際も、売る際も、基本的には契約書へのサインが発生します。

車というのは決して安い商品ではないので、購入でも売却でも細かい契約書を作ることになり、そしてサインをすることになるでしょう。

では、一度サインをして手放してしまった車について、取消をすることは可能なのでしょうか?

緑飲酒NG

あんな細かい文字だらけの書類、全ては確認できないよ

青笑顔で運転

それなりの大金がかかる場合はしっかりチェックしていこう

契約書

契約書のサインの持つ重要な意味合い

買取業者に車を売るにあたって、査定額の提示を受け、その金額に納得できれば業者は契約書を提示します。

契約書にサインをすれば、愛車の売買は成立したことになります。契約書のサインは「この条件でマイカーを売ることに同意しましたよ」という意味合いがあります。

もし契約書にサインをして「やっぱりあの売却の話はなかったことに…」としようと思っても、いったんサインした契約を覆すことはよほどの事情でもない限り不可能だと思いましょう。

全ては自己責任?車を売る時にクーリングオフは活用できる?

ですから、もし買取業者に車を売るのであれば、契約書へのサインは慎重に行うべきです。

面倒くさがらず全て確認する

契約書に書かれている内容に関してはしっかり確認しましょう。細かな文字で書かれていますし、一部、法律の専門用語が用いられている場合もあります。

このため「どうせ見ても分からないから」と言って、ろくに内容を確認せずにサインをしている人も少なくありません。

しかし、内容を見て、言われたとおりの売却条件が記載されているか確認はすべきです。

もし当初の商談と内容が違っているとか、わからない項目があれば、サインをする前に買取業者のスタッフに確認をとることです。

しっかり確認しておかないと、後で「話が違う!」と言っても負けてしまいます。

契約する段階で時間を掛けたくなければ、買取業者に依頼して、事前に契約書のコピーでも良いので入手して、読み込んでおくのも良いでしょう。

取り消す場合は違約金を負担する可能性がある

どうしても車を売ることができなくなったというケースもあるかもしれません。その場合、いったんサインをした契約書でも取り消すことは可能です。

ただしその場合、自分の都合で契約をなかったことにするわけですから、それ相応のペナルティが課されると思いましょう。

  • 違約金
  • キャンセル料

といった名目で、皆さんが業者に対してお金を支払う形で問題を解決することになるでしょう。

違約金やキャンセル料に関しても、契約書の中に記載されているはずです。その内容を確認しておきましょう。

もし違約金やキャンセル料の記載のない場合、もしかすると後々キャンセルする可能性が1%でも残っているのであれば、スタッフに確認をとることです。

オークションに出てしまうと厳しい

自分が売った自動車が業者で保管されている場合、サインをした後でも違約金などのペナルティを支払えば、車を取り戻すことはできるかもしれません。

しかし多くの買取業者は、中古車オークションに自動車を流しています。オークションに自動車が流れていると、そこから取り戻すのはかなり厳しくなると思いましょう。

中古車査定ってどんな仕組み?一括査定の裏事情を徹底解説!

オークション会場やもし買い手がついているのなら、その中古車販売業者に対しても迷惑がかかってしまうからです。

車を売却するときには慎重であるべきですし、サインをしたら基本もはや愛車は取り戻すのは難しいと思った方が良いでしょう。



愛車の価値が
   下がる前に
   一括査定でチェック
   お試し査定もOK!


32秒で最大10社の一括査定
詳しくはコチラ
車の売却は一括査定が便利な3つの理由