車を所持した人ならば、自動車リサイクル法という名前くらいは聞いたことがあると思いますが、

  • それは一体どんな仕組みなのか?
  • どのくらいの料金がかかるのか?

などについて学んでいきましょう。

自動車リサイクル法の仕組み

自動車リサイクル法とは何か

2005年に自動車リサイクル法と呼ばれるものが制定されました。

自動車リサイクル法とは、自動車メーカーや輸入業者に自動車の一部部品のリサイクルを義務付けたもので、その処理費用は自動車の所有者が負担することになっています。

ちなみに、リサイクル対象の部品ですが、

  • シュレッダーダスト
  • エアバッグ
  • フロン

といったものが対象になります。

ご存知かもしれませんが、自動車はのほとんどが鉄やアルミなどの金属で作られているため、廃車になっても8割近くは再利用できます。

残りの20%が上で紹介したリサイクル対象の部品で、通常であればゴミで埋め立て処分をしなければなりませんでした。

しかし、

  1. 埋立てに使えるスペースが少なくなっている
  2. 埋め立てにかかる費用が高騰している

などの理由から、リサイクルを義務付ける必要が生じたのです。地球に優しく的なものですね。

リサイクルの仕組み

自動車の所有者はリサイクル料金を支払って、引き取り業者に引き渡します。

  1. 自動車を引き取った業者フロン類を回収業者に引き渡す
  2. 回収業者はフロン類を自動車の中から回収して自動車メーカーや輸入業者に引き渡す
  3. 残りの自動車を解体業者に引き渡す
  4. 解体業者はエアバッグ類を自動車メーカーや輸入業者に引き渡す
  5. 解体業者は残りを破砕業者に引き渡す
  6. 破砕業者が最終的に自動車を金属類とシュレッダーダストに分類する
  7. シュレッダーダスト自動車メーカーや輸入業者に引き渡す

自動車メーカーと輸入業者は3種類の部品を受け取るわけですから、これらを適正に処理することで、自動車を廃車にできるわけです。

廃車するのにこれだけの業者が関わっており、様々な工程があるので、お金それなりに発生してしまうんですね。

自動車リサイクル法における料金は?

最初に書いたように、自動車のオーナーはリサイクル料金を負担する必要があります。

どのくらいの費用を負担するかですが、車種によって変わってきます。

  • エアバッグがいくつついているか
  • フロンガスを利用するエアコンがついているか

によって、シュレッダーダストの生じる量が変わってくるからです。しかし、一般的に6000~18000円といったところが相場になります。

これにプラスして、

  • 情報管理料金として130円
  • 資金管理料金として380円

が、かかります。

ちなみに自動車を廃車するときに預託するのであれば、資金管理料金は480円となりますから注意しましょう。

ちなみに、リサイクル料金がいくらになるかについては、自動車メーカーや輸入業者がホームページなどで、公表しています。

すでに具体的に次購入したい車種が決まっているのであれば、あらかじめホームページでリサイクル料金を確認しておくと良いでしょう。

自動車を廃車処分にする場合には、自治体に引き取り業者が登録しているかどうかは必ず確認すべきです。

自動車リサイクル料金が戻ってくるケース



愛車の価値が
   下がる前に
   一括査定でチェック
   お試し査定もOK!


32秒で最大10社の一括査定
詳しくはコチラ
車の売却は一括査定が便利な3つの理由