高い査定額を出してもらうために必要なことで「車の色」というのはあまり知られていないかもしれません。

車の状態や年式などはもちろん重要なのですが、色によって買取金額に差が出ることもありますので、得するためにも重要なことを把握しておきましょう。

高く売れる車と色

車の色だけで買取価格は大きく違う?

赤真剣に運転

意外と差が出るみたい

自動車の査定を行う際には、さまざまな項目を考慮して買取価格を決めていきます。

その項目の中に、自動車の色も含まれることは一般にはあまり広く知られていないかもしれません。しかし自動車の色は意外と重要なポイントです。

実際に車種や年式、走行距離などの他の条件がほとんど一緒でも色が違っただけで何十万円も査定金額が違ったという事例もあるほどです。

では高く売れる車の色は、具体的にどのような種類でしょうか?

無難な色は高く売れる車

黄普通のドライブ

ベタが一番?

色別で見てみると、高く売れる車はいわゆる無難なボディカラーになります。

具体的には

  • ブラック
  • ホワイト
  • パールホワイト
  • シルバー

といったあたりです。

街中を走っている自動車を見てみると、このようなボディカラーの自動車を良く見るはずです。中古車査定は簡単に言えば、売れる車かどうかを判断しているわけです。

街中でよく見る車の色は、中古車としても売りやすいとなります。このため、ありふれたボディカラーの自動車は査定で高く評価されるわけです。

イメージカラーも高い査定に

青笑顔で運転

定着してるカラーってあるよね

無難な色の他に自動車査定で高く評価されるのは、イメージカラーです。

「この自動車と言えばこの色」というイメージの焼きついているカラーがあるでしょう。

フェラーリの例

たとえば、イタリアの有名スポーツカーメーカーのフェラーリと言えば赤が有名ですね。「赤い跳ね馬」という異名を持っているほどです。

フェラーリの場合、やはり赤のボディカラーをしている自動車の方が査定額はアップします。

限定カラー

その他にはメーカーによって限定モデルを販売することがあります。

期間限定で売り出したボディカラーの自動車も希少価値がありますから、このような限定色の自動車も高く売れる車になります。

愛車のイメージカラーを調べる方法

自分の乗っている自動車のイメージカラーがわからないという人もいるはずです。その場合には、ホームページやカタログを見ることです。

ホームページのトップページ、パンフレットの表紙にその自動車の画像や絵が掲載されているはずです。そこで登場してくるボディカラーが、その自動車のイメージカラーであることが想像できます。

珍しい色はNG

緑飲酒NG

あまり見かけない色は売れにくいかも・・・

では逆に、高く売れない車の色は何かですが、目立つ色、街中であまり見かけないカラーだと思いましょう。

たとえば、

  • ピンク
  • オレンジ

などの原色系の自動車はあまり街中では見かけないでしょう。このような派手目の自動車は中古車市場ではなかなか売れません。

このため、どうしても査定では低く評価されてしまいます。

しかし逆に言えば、もしこれから中古車を購入しようと思っていて、その自動車を乗り潰すつもりで購入するのなら、原色系のカラーの自動車を購入すればリーズナブルな価格で買い求めることもできるわけです。

ただし、買取業者によって欲しがるカラーも異なるので、確実に高く売りたい場合は、しっかりと複数の業者に一括査定を出してみるのがよいでしょう。

車種・グレード・走行距離・色、中古車相場は何で決まる?



愛車の価値が
   下がる前に
   一括査定でチェック
   お試し査定もOK!


32秒で最大10社の一括査定
詳しくはコチラ
車の売却は一括査定が便利な3つの理由