いざ車を売ることを決めた時、「どんな書類が必要だったっけ?」なんて思ってしまうこともあるでしょう。

基本的には買取業者のスタッフが教えてくれますが、事前に準備できた方が何かとスムーズに手続きが進みますので、早めに用意しておくにこしたことはありません。

緑飲酒NG

うわぁ、こういう書類関係ってなんか苦手><

橙危険と恐怖

紛失してたらどうしよう・・・

車を買取店に売る時に必要な書類

基本の必要書類

買取業者の提示した買取金額を見て、納得できたのであれば、売却にあたっての手続きを進めていきます。

車を買取店に売る時に必要な書類ですが、名義変更手続きで必要になる書類と同じす。通常買取業者の方で名義変更手続きは代行してくれるはずです。

もし名義変更手続きが行われないと、書類上持ち主は皆さんのままになるので自動車を手放しているにもかかわらず自動車税の請求が来るなどのトラブルが起こります。

名義変更で必要な書類として、まず自動車関係の書類があります。

  1. 車検証(運輸支局)
  2. 自賠責保険証明書(保険会社)
  3. 自動車税納税証明書(各都道府県の税事務所もしくは自動車税管理事務所)

です。

もし手元にないというのであれば、車検証は運輸支局、自賠責保険証明書は保険会社、自動車税納税証明書は各都道府県の税事務所もしくは自動車税管理事務所で再交付手続きをします。

自動車税納税証明書を紛失した場合の対処法

軽自動車の場合

  1. 軽自動車税納税証明書
  2. 譲渡証明書

売却を検討しているのが軽自動車の場合には、軽自動車税納税証明書を準備しましょう。

その他には、譲渡証明書が必要です。この譲渡証明書は、買取業者が用意しているはずなので提示された書類に必要事項を記入しましょう。

そして譲渡証明書には捺印をする欄がありますから、実印とその印鑑証明書も持参しましょう。

リサイクル券

リサイクル券は自動車を購入した時にもらっているはずですが、もし紛失した場合には、自動車リサイクル料金の預託状況を印刷して提出します。

自動車リサイクルシステムというホームページから入手できます。

Q
リサイクル券を紛失した場合、再発行は必要ですか? リサイクル券を紛失した場合、再発行は必要ですか?

A
リサイクル券の再発行は必要ありません。(※車検時の提示も必要ありません)
料金の証明が必要な場合は、自動車リサイクルシステムトップページの「自動車ユーザー向リサイクル料金検索」より「リサイクル料金の預託状況」を印刷してご利用下さい。

出典:「リサイクル料金検索・リサイクル料金の預託状況」の操作手順

振込先の口座番号

通常、自動車の代金は、銀行振り込みで支払われることがほとんどです。そこで振込先の口座番号も準備する必要があります。

一部、ソッキン王のように現金払いに対応している業者もありますので、どうしても今すぐ現金が必要な時にはそちらに売却することです。

例外で必要になるもの

車を買取店に売る時に必要な書類として例外的に必要になる書類がいくつかあります。

意外と必要になる人が多いのですが、忘れてる人も多いのでしっかり準備しておきましょう。

  1. 住民票
  2. 戸籍謄本
  3. 所有権解除書類

住民票

引越しをして車検証と印刷登録証明書の住所が異なる場合、住民票が必要です。

戸籍謄本

結婚をして車検証と現在の姓が変わっている場合には、戸籍謄本を提出しないといけません。

所有権解除書類

自動車を購入するときに、ローンを組んでいる人もいるでしょう。このローンがまだ完済していない段階で自動車を売却することは可能です。

BigWaveカーチスのように、ローンが残っていても買い取るということを強く主張している業者もあります。

しかし、車検証はディーラーなどの販売店、もしくはローン会社の名義になっているはずです。この状態のままで売ることはできないですから、所有権解除書類を準備しなければいけません。

所有権解除書類は、今車検証の名義になっているディーラーなりローン会社なりに連絡をして、作成してもらうことです。

所有権を解除してもらうためには、残債の返済が条件となります。

自動車を売却することでその売却益を使って全額返済するとか、売却益だけではローンが残ってしまうのであれば、自分でお金を作って返済するなどの対策が必要です。



愛車の価値が
   下がる前に
   一括査定でチェック
   お試し査定もOK!


32秒で最大10社の一括査定
詳しくはコチラ
車の売却は一括査定が便利な3つの理由