車を売ったことがない人にも親切に説明!車を売る流れを簡単に説明します。しかも、もちろん

  • 「確実に」
  • 「高く」

売る流れです。

初心者も熟練者も、見落としがちなことは多いので、しっかりこのページで覚えていってもらえると幸いです。

車を売る流れ

青笑顔で運転

じゃあ重要なことだけシンプルに学んでいこう!

ネットで一括査定申込み

初めて車を売ろうと思っている人は、どのような流れで売却をするのか心配という人もいるでしょう。車を売る時の流れですが、まず一括査定を利用しましょう。

車の買取価格は業者によって異なりますから、できるだけ多くの業者に査定の依頼をする必要があります。

赤真剣に運転

買取業者同士に競わせよう!

一括査定はインターネットで車の情報などを入力すれば一斉に送信できるので、効率的により多くの買取業者の査定を知ることができます。

無料で利用できるサイトがほとんどですから、使わない手はありません。一度に10社くらいの買取業者に依頼できますし、申し込みにかかる時間は1分程度です。

オススメの一括査定業者⇒かんたん車査定ガイド

車買取の一括査定サービス業者5社の比較まとめ!

連絡がくる

一括査定を利用すると、買取業者から連絡が入ります。買取金額などを見て、高く評価してくれた業者2~3社をピックアップしましょう。

一括査定の金額は、まだ実物を見たわけではないので概算査定になります。今後実車査定をする時に価格が変動する可能性がありますから2~3社は候補を残しましょう。

この候補になった業者には、実車査定のお願いをします。残りの業者に関しては、断りの返事を入れておきましょう。

  • 「売ろうと思ったけれども気が変わってしまった」
  • 「すでに別の業者に売ってしまった」

などと言えば、それ以上勧誘の連絡はかかってこなくなるはずです。

車一括査定後の電話勧誘を断る2つの方法

車の状態確認

実車査定をお願いした業者には、後日査定士が車を見て最終的な買取金額を決めます。

ちなみに多くの買取業者では出張査定と言って、皆さんの自宅など指定する場所に赴いて査定をしてくれるサービスを実施しています。

そして、この出張査定は無料で、買取を断った場合でも出張費や査定費用などを請求されることはありません。

複数の業者に同日査定を行う場合には、業者同士がぶつからないように時間調整するのが大事です。だいたい車の査定には1時間くらいかかると想定しておきましょう。

そう考えると、各業者2時間くらい時間をずらしてお願いするとバッティングする心配はないでしょう。

黄普通のドライブ

あえて鉢合わせさせて戦わせるのも面白いかもね

査定を受ける前には、洗車をしておくとか車内の清掃をするなどの準備をしておきましょう。車をきれいにしておくだけでも、査定士の印象が変わってきます。

あらさがしをするという感じではなく、良いところを拾っていってあげようといった姿勢になるといいます。

高額査定のポイントは車内の整理整頓だ!

査定額の算出

一括査定を利用した時に、大まかな査定金額を提示してもらっています。これは

  • 車種
  • 年式
  • 走行距離

といった基本的な情報をもとにして算出しています。この時自動車は標準的な状態であると仮定して、買取金額を算出しています。

標準的な状態とは簡単に言うと、

  • 内装・外装ともに無傷で普通に走行できる
  • タイヤの溝が1.6mm以上ある
  • 年間1万kmといった標準的な走行距離数

であると仮定しているわけです。

しかしすべての買取対象の自動車がこの条件をクリアしているわけではありません。そこで実際に自動車の状態を見て、査定士が加減点をつけて、最終的な買取金額を算出する形になります。

各お店との金額交渉

査定士が自動車をチェックして、最終的な買取金額を提示したとします。その金額に関して、「ああ、そうですか」とそのまま受け取る必要はありません。

金額交渉をすれば、多少買取金額がプラスになる可能性も十分あります。

上の車を売るときの流れに即して自動車を売却するのであれば、複数の買取業者に査定を依頼しているはずです。

そして買取金額を比較して、最も高い値段を提示した業者をベースにほかの業者と価格交渉をしましょう。

「あるところがこの価格で買い取ってくれると言っているのですが、それよりも高値で買取してもらえますか?」

のように持ちかけてみると、現実的な買取金額で価格のつり上げを狙うことも十分可能です。

例えば、

  • ガリバーが50万
  • ビッグモーターが60万

という査定額を提示してきたならば、ガリバーの方に

「ビッグモーターさんは60万円を提示してきてますが、ガリバーさんではもっと高く買い取れないですか?」

というふうに言うわけです。交渉を持ち掛けるだけなら電話で数分で終わることなので、試しに言ってみて良いでしょう。

売却先の決定

価格交渉などをして、その結果最も高値を付けてくれた買取業者に売却することになります。もし売却先を決めたのであれば、売却先とそれ以外にも実車査定をお願いした業者に連絡を入れましょう。

ちなみに、最初のステップである一括査定の申込みもそうですが、売却先を決めるのは、できるだけ速やかに行いましょう。

というのも、中古車の販売価格の相場は日々変動しているからです。

しかも、時間が経過すればするほど、車の買取価格は下落する傾向が見られます。査定を受けてからまごまごしていると、買取金額が下がってしまう恐れがあります。

ちなみにだいたい査定を受けてから1か月も経過してしまうと、再度査定をしなければならなくなると思いましょう。

橙危険と恐怖

時間が経過すればするほど価値が下がっちゃうよぉ

そして、たいていのケースで、買取金額は前回よりも下がります。また3月とか9月の決算期の場合、買取業者は忙しくなります。

中古車市場の車の出入りも激しくなるので、ちょっと査定から時間を置いただけでも再度査定をしなければならなくなります。

慎重に業者を見つけることももちろん大事ですが、なるべく速やかに売却先も決めた方が高く売れます。

ただし、買取業者の中には、「今この場で契約を決めてください」みたいに迫ってくることがあります。

かなり強く迫ってくる業者も中にはあるようです。そんな場合はその場で決めるのではなく、一旦持ち帰って冷静に検討すると言って逃げましょう。

車の引き渡し

マイカーの売却先が決まれば、皆さんの愛車の引渡しになります。車買取業者に引き渡すにあたって、いくつか必要書類がありますから、あらかじめ準備しておきましょう(業者から知らされます)。

引き渡しをする時に、自動車の名義変更をしなければなりません。名義変更をしないと手元に自動車がないのに、自動車税を負担しなければならないといったおかしなことにもなりかねません。

青笑顔で運転

個人売買とか中古車オークション代行じゃなければ、買取業者がやってくれるよ

自動車の引渡し時に、名義変更で必要な書類を買取業者に渡して、代行をお願いするのが一般的です。

多くの買取業者で名義変更の代行は無料で行ってくれるはずです。名義変更手続きで必要なのは、

  1. 車検証
  2. 自賠責保険証明書
  3. 自動車納税証明書
  4. 印鑑登録証明書
  5. 実印
  6. リサイクル券

となります。

売却先を決めたときに、どのような書類が必要になるか、買取業者のスタッフから指示があるはずです。

その指示通りに書類を準備しておきましょう。もし上で紹介した書類の中で紛失して手元にないものがあれば、速やかに再発行手続きをお願いしましょう。

自動車税納税証明書を紛失した場合の対処法

入金

一般的に車買取業者では、自動車を引き渡してその後代金が支払われるというシステムをとっています。たいていの自動車買取で、何十万円とか何百万円といったお金が動きます。

このため、現金で代金支払いをすることはめったにないと思ってもらって良いでしょう。基本的には、皆さんの指定する口座に代金振り込みという形で入金されます。

代金が入金されるまでの時間ですが、短ければ数日、長くても1週間だと思いましょう。

緑飲酒NG

やっとお金が入ったー!これで焼肉が食える!

普通の業者であれば、自動車を引き取って代金支払いをせずに逃げることはまず絶対にありません。契約書に支払期日などが記載されているはずですから、契約書にサインする前に確認しておきましょう。

万が一にも無名の業者を利用した場合ですが、もし支払期限に関する記載が確認できないようであれば「いつまでに代金は支払われますか?」と担当者に確認をとることです。

もしその日までに入金が確認できないようであれば、速やかに買取業者に連絡することです。

ただ、この記事の最初で紹介したような一括査定サイトを利用していれば、車を持ち逃げされる心配はまず100%ありません。一括査定サイトの信用にかかわりますから、査定に参加する業者を厳しく審査しているからです。

このため、持ち逃げするような悪徳業者はまず含まれないと思ってもらって良いでしょう。

まとめ

車を売る時の流れは分かっていただけたでしょうか?どうせ売るならば「確実に」「高く」売れる方がよいですよね。

この記事を参考にして是非ともより良いクルマの売却を行っていただければと思います。



愛車の価値が
   下がる前に
   一括査定でチェック
   お試し査定もOK!


32秒で最大10社の一括査定
詳しくはコチラ
車の売却は一括査定が便利な3つの理由