車を査定に出して売却する際には税金がかかります。

その税金の種類と、還付(お金の戻り)が発生するケースなどを見て行きましょう。同様に、自動車保険についても、還付を受けられるケースがありますので、それも一緒に知っておきましょう。

どうせなら、お金が戻ってこないよりは戻ってきた方が嬉しいですよね!

車売却時の税金

車の売却における税金

緑飲酒NG

クソッ、税金かかるのか・・・国家め

車を売却する際には税金を納める必要があります。車の売却時に発生する税金は

  1. 自動車税
  2. 自動車取得税
  3. 自動車重量税

の3つです。

自動車税

自動車税は4月1日現在における所有者に対して課せられる税金のことです。

自動車税は5月ごろに納付書が送られ、4月から3月までの1年間の税金を納めることになります。車の売却時、または廃車時にはその翌月から3月までの自動車税が月割り計算して還付されることになります。

なお、自動車税は車の排気量によって金額が代わり、660cc以下の車には自動車税ではなく軽自動車税がかかります。軽自動車税は年額での納税となるので、車の売却時や廃車時も還付の対象にはなりません。

軽自動車は修理や廃車費用が高い?でもその前に売れる可能性も!

青笑顔で運転

排気量によって税額が変わり、還付の対象にはならない

自動車取得税

自動車取得税は新車や中古車の購入時、一定割合で課される税金のことです。

自動車取得税は車の売却時にも廃車時にも還付の対象にはなりません。

赤真剣に運転

一定額の税金で、還付の対象にはならない

自動車重量税

自動車重量税は自動車の新規登録時や車検時に課される税金です。自動車重量税は車の重量によって金額が変わってきます。

自動車重量税は車検が1ヶ月以上残っている時に廃車した場合、残存期間に応じて還付されます。しかし、売却時には還付の対象にはなりません。

青笑顔で運転

重量によって税額が変わり、車検の残存期間によっては還付される

車の下取りや買取りでは査定額に税金の戻り分が含まれる?

車の下取りや買取りでは自動車税が関わってきます。

自動車税は1年間の税金を前払いしているので、仮に9月に車を下取りや買取りに出す場合、10月から3月までの自動車税は還付を受けることが可能です。

もっとも、車を下取りや買取りに出した場合は査定額に自動車税の戻り分が含まれており、基本的には手元には返ってきません。

見積書を見れば、法定費用として内約が入っているはずです。

自賠責保険の保険料の戻り分も査定額に含まれる?

自賠責保険は税金ではなく保険ですが、加入が義務づけられているということから性質上は税金のようなものです。

車を売却する際、自賠責保険の名義変更が行われます。既存のユーザーが自賠責保険を解約し、新しいユーザーが改めて自賠責保険に加入するという煩雑な手続きは取らないのが一般的です。

自賠責保険は解約すれば還付を受けることができますが、車の売却時には自賠責保険を解約しないので還付を受けることができません。

しかし、そうなるとユーザーばかりに損失を被らせることになるので、自動車を売却時は

  • ディーラー
  • 中古車販売店
  • 買取専門店

などの買手が自賠責保険の残り期間に応じ、下取価格や買取価格に色を付けてくれます。

自動車税も自賠責保険も名目上の還付はないものの、実質的には還付されるはずの金額が下取価格や買取価格に反映されるため、その分だけ得をすることができます。



愛車の価値が
   下がる前に
   一括査定でチェック
   お試し査定もOK!


32秒で最大10社の一括査定
詳しくはコチラ
車の売却は一括査定が便利な3つの理由