過走行車だと高く売れないから、セコい売り主がズルして「メーター戻し」などの裏技を仕掛けてくる場合もあるみたいです。

個人売買だとこうした不正の確認がどうしても完全にできなくなってしまいますが、メーター戻しについてはある程度対策を取ることができます。

黄普通のドライブ

悪いことを考え付く奴がいるもんだねー

青笑顔で運転

こういう悪事は利益に目がくらんだ社長さんが思いついたりするんだよね

赤真剣に運転

悪い手法と、その対策はいつもイタチゴッコだよ

走行距離の不正なメーター戻し

メーター戻しは改ざん車

中古車を購入する際に気になる点の一つに、メーター戻しがあります。

現在では中古車業界が走行メーター管理システムを導入しているので、業者が勝手にメーター戻しをすることはできにくい状況になっていますが、それでも、

中古車の個人売買では走行メーター管理システムにアクセスすることが難しいため、メーター戻しをされている改ざん車を高値で買ってしまうことにもなりかねません。

橙危険と恐怖

そんな詐欺行為、許せない><

中古車は、走行距離によって大体の状態を予測することができます。

年式が古くなれば走行距離も多くなりますが、部品の交換などのメンテナンスは、年式と走行距離と大きく関係がありますから、

年式がそれほど古くない車でも走行距離が高ければ、修理や交換が必要になる時期が比較的早い時期に訪れてしまいます。

走行メーター管理システムで不正がバレる

中古車業界によって開発管理されている「走行メーター管理システム」というのは、中古車がオークションに出品される際に走行距離を管理しておくシステムです。

自動車は1台1台車体番号がついていて、同じ車種で同じ年式の自動車でも車体番号が同じになってしまうことはありません。ユニークな(唯一の)管理番号です。

中古車業界の健全な発展と消費者保護の観点から、日本オートオークション協議会が開発したシステムで、オートオークション会場に出品された中古車の走行距離のデータを蓄積し、データベースとして集中管理することにより、オートオークションに出品される中古車から走行メーターに関する不正車両を排除することを通じて、不正行為を未然に防止することを目的としています。

出典:走行メーター管理システム│中古車の走行距離チェック│自動車公正取引協議会

中古車として販売される自動車の多くは、オークションを経由して買取店から販売店へと引き渡されるため、オークションに出品される際の走行距離と車体番号をリンクさせて管理するというのがこのシステムです。

緑飲酒NG

つまり、どーゆーコトだってばよ?

例えば、手放した中古車の走行距離が1000キロだったとすると、オークションではその走行距離が記録されます。

そして次のオーナーの手に渡り、再び中古車として手放されると、その自動車はオークションに戻ってくるわけですが、その際に走行距離が800キロしかなかったなら、それはメーター戻しがされた改ざん車ということになります。

青笑顔で運転

走行距離が減るなんてことはありえないから不正がバレるってことだね

中古車の中には、自宅付近のみを走行していたために走行距離が年式の割に多くない車もたくさんありますが、どのような場合でも走行距離が少なくなるということはありません。

一般ユーザーでも利用が可能

この走行メーター管理システムは、以前は中古車を販売する業者のみがアクセスできるシステムとなっていましたが、現在では一般のユーザーでも利用することができます。

そのため、個人売買で中古車を購入する場合には、まず自動車公正取引協議会の公式サイトにアクセスして、車体番号から走行距離を確認しておきましょう。

そして、売り主から走行距離を確認することによって、メーター戻しされているかどうかをチェックできます。

メーター部分が不正されている中古車は、もしかしたら他の部分にも不正されているかもしれません。

青笑顔で運転

ズルくてクズな売り主に注意だね

業者の保証が一切ついていない中古車を個人売買で買う際には、そうしたリスクは買う側の責任となってしまいます。

あらかじめチェックしなければいけない点はよくチェックした上で納得して買うことが大切です。

試運転は必須?個人売買で中古車を購入するチェックポイント

まずは試してみる?事故車・過走行車に売れる可能性はあるの?



愛車の価値が
   下がる前に
   一括査定でチェック
   お試し査定もOK!


32秒で最大10社の一括査定
詳しくはコチラ
車の売却は一括査定が便利な3つの理由