ダイハツは9月7日、新型軽乗用車「ムーヴ キャンバス(MOVE canbus)」を発売したことを発表しました。

30代前後の女性の需要の取り込みを目指したという外観は、丸みのあるデザインや個性的な色合いなどをに取り入れ、Webサイトには「デキるミニバス」というキャッチコピーが踊っています。

希望小売価格は118万8千円からで、月間5千台の販売を狙います。

女性向けハイトワゴン、「デキるミニバス」ムーヴ キャンバス発売

「ムーヴ」と「タント」の中間に位置するムーブ派生車種

ムーヴシリーズでは初のスライドドア

女性向けに開発したハイトワゴンの「ムーヴキャンバス」は室内空間や価格が同社の「ムーヴ」と「タント」の中間に位置するモデルで、「ムーヴコンテ」や過去に販売された「ムーブラテ」同様に「ムーブ」の派生車種となりますが、このムーヴシリーズでは初のスライドドアを採用しています。

シンプルで丸みのあるデザインとし、

  • ムーヴクラスでは初の両側スライドドア
  • 軽自動車初のステアリング連動ヘッドランプ(一部グレードに標準搭載)
  • リアシートから大型ボックスを引き出せる「置きラクボックス」
  • パノラマモニター(メーカーオプション)

など、装備も充実させています。

グレード構成はベーシックな「L」から最上級の「G”メイクアップ SA II”」までの9つでそれぞれ2WDと4WDを用意しています。

独身女性だけではない「ムーヴキャンバス」の3つの魅力とは?

1. 両側スライドドア

スライドドアは欲しいけど、「ムーブ」には付いてなくて、「タント」なら付いています。

しかし、あの以上に高い室内空間は必要ない。そんな人は意外と多いと思います。しかし、ホンダにもスズキにも、そしてダイハツにもそのようなモデルが無かったのです。

理由はスライドドアを装備することによる重量増。燃費が重要視される「ムーヴ」クラスでは致命的な問題となります。

そこで、女性向けの派生車種としてならということで、この「ムーヴキャンバス」に両側スライドドアが装備されました。

内外装ともに、30歳前後の独身女性をターゲットにしているそうですが、主婦にも使い勝手が良いはずです。

ショッピングセンターの駐車場で見かける風景ですが、買い物袋を車に移す際に、わざわざ重くて大きなバックゲートを開いて載せるよりも、運転席側後方のスライドドアを利用する方が楽で自然なのです。

2. 「Stripesストラプス」でミニバスに変身

もちろん独身女性をターゲットとしているだけあって、エクステリアやインテリアもぬかりはありません。

「ムーヴ」というより、先代モデルの「タント」似たデザインのフロントフェイスで、しかも背が「タント」より10㎝ほど低くく、ボディが長く見えます。

そして、豊富なボディカラーには個性的なツートンカラーの「Stripesストラプス」を用意し、「ミニバス」という表現がピッタリのフォルムは、愛くるしい動物の様にも見えます。

3. 置きラクボックス

後部座席下には「置きラクボックス」 。フロアやシートに直接置きたくない荷物の収納には、シートのしたかエア引き出せる「置きラクボックス」が便利です。

薄いものならシート下へ収納、がさばる荷物は引き出したままおくことで、荷物の店頭を防げます。これは買い物袋を置くのにちょうどいいサイズなのです。

ステアリング連動ヘッドランプ の「AFS」も女性には嬉しい装備と言えます。



愛車の価値が
   下がる前に
   一括査定でチェック
   お試し査定もOK!


32秒で最大10社の一括査定
詳しくはコチラ
車の売却は一括査定が便利な3つの理由