WCOTY ワールドカーオブザイヤー、ノミネート車種を発表

ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)は9月29日、パリモーターショー16において、「2017ワールドカーオブザイヤー」の第1次ノミネート車23台を発表され、日本車5車種がノミネートされました。

また、新設されたワールドアーバンカー賞にも2車種がノミネートされるなど、各部門での日本車の活躍が注目されます。

ワールドカーオブザイヤーは、2005年に開始。最近では2011年に「日産・リーフ」、2016年には「マツダ・ロードスター」が、ワールドカーオブザイヤーに輝いています。

今回の「2017ワールドカーオブザイヤー」は、欧州専用車、北米専用車、日本専用車を除いた2015年秋から2016年秋にかけてデビュー、またはマイナーチェンジを受けた新型車の中から選出されます。

世界20か国以上の約70名のジャーナリストが、6項目を基準に投票し、2017年3月7日のジュネーブ:ジュネーブショーでトップ3のファイナリストに絞られたのち、2017年4月の「ニューヨークモーターショー17」で、ワールドカーオブザイヤーが決定するスケジュールになっています。

ワールドカーオブザイヤー第1次ノミネート車23台

  1. アウディA5/S5クーペ
  2. アウディQ2
  3. アウディQ5
  4. ビュイック・ラクロス
  5. ビュイック・エンビジョン
  6. シボレー・クルーズ
  7. クライスラー・パシフィカ
  8. フィアット/アバルト124スパイダー
  9. ヒュンダイ・エラントラ
  10. ヒュンダイ・ジェネシスG80
  11. ジャガー F-PACE
  12. キア・カデンツァ
  13. キア・リオ
  14. キア・スポーテージ
  15. セアト・アテカ
  16. シュコダ・コディアック
  17. サンヨン・チボリエア/XLV
  18. フォルクスワーゲン・ティグアン
  19. ホンダ・シビック
  20. インフィニティQ60
  21. トヨタC-HR
  22. マツダCX-9
  23. スバル・インプレッサ

日本車は、発売予定の「トヨタC-HR」、新型「ホンダシビック」「マツダCX-9」「スバル・インプレッサ」、そして「インフィニティ・Q60」の5車種がノミネートされました。

ホンダシビック
ホンダ・シビック

インフィニティQ60
インフィニティQ60

トヨタC-HR
トヨタC-HR

マツダCX-9
マツダCX-9

スバル・インプレッサ
スバル・インプレッサ

ワールドアーバンカー賞

新設されたワールドアーバンカー賞の第1次ノミネート7車種では、スズキの「バレーノ」「イグニス」の2台がノミネートされ、注目されています。

2017年から新設されるワールドアーバンカー賞は、世界の人口の50%以上が、都市部に集中していることに着目して設けられた「都市に似合う車」を選ぶ賞です。

この都市部への集中割合は、今後増えることが予想されており、WCOTY主催団体では、ワールドアーバンカー賞が、自動車メーカーにも受け入れられると分析しています。

ワールドアーバンカー賞の第1次ノミネート7車種は以下の通り。

  1. BMW i3 (94 Ah)
  2. シトロエン C3 Eメアリ
  3. フォードKAプラス
  4. スマート・ブラバス
  5. スマート・カブリオレ
  6. スズキ・バレーノ
  7. スズキ・イグニス

スズキ以外にはスマートも2車種がノミネートされ、その他の3台のうちBMW「i3」とシトロエン「C3 Eメアリ」は、EV(電気自動車)となります。

スズキ・バレーノ
スズキ・バレーノ

スズキ・イグニス
スズキ・イグニス

他の部門では、ラグジュアリー/パフォーマンスカー部門にはレクサス「LC500」、グリーンカー部門ではホンダのクラリィティ、トヨタの「プリウスプライム(プリウスPHEV)」「RAV4」がノミネートされています。

2016-2017日本カーオブザイヤー!受賞された理由を徹底解説



愛車の価値が
   下がる前に
   一括査定でチェック
   お試し査定もOK!


32秒で最大10社の一括査定
詳しくはコチラ
車の売却は一括査定が便利な3つの理由