2016年2月15日、プラグインハイブリッドを採用した「プリウスPHV」がついに発売されました。

環境性能も走行性能も進化し、専用デザインも与えられ、現行プリウスではこのPHVが本命と目されています。

  • 車両本体価格:326万1600円から422万2800円
  • 月販目標:2500台

とされています。

【2017年2月】新型プリウスPHV

新型プリウスPHVスペック表

新型プリウスPHV
車両本体価格(円) 3,261,600~
ハイブイッドJC08モード燃料消費率(km/L) 37.2
充電電力使用時走行距離(プラグインレンジ)㎞ 68.2
EV走行換算距離(等価EVレンジ)㎞ 68.2
EV走行最高速度 (㎞/h) 135
駆動方式 2WD
全長/全幅/全高(㎜) 4,645/1,760/1,470
室内長/室内幅/室内高(㎜) 2,110/1,490/1,195
ホイールベース(㎜) 2,700
エンジン型式・排気量(cc) 直列4気筒・1,797ハイブリッド
最高出力kw(ps)/rpm 72(98)/5,200
最大トルクN・m(kgf・m)/rpm 142(14.5)/3,600
モーター形式 1MN/1SM
定格出力1MN/1SM kw 37.0/15.8
最高出力1MN/1SM  kw(PS) 53(72)/23(31)
最大トルク1MN/1SMkw(PS) 163(16.6)/40(4.1)
動力用主電池種類・総電力量(Kwh) リチウムイオン電池・8.8
乗車定員(人) 4
車両重量(㎏) 1,510~1,550

充電時間

100V/6A 約14時間
200V/16A 約2時間20分
急速充電(約80%) 約20分

新型プリウスPHVとは?

主な性能

  • EV走行距離68.2km
  • EV走行最高速度を135km/h
  • ハイブリッド燃費も37.2km/L

満充電までの時間

  • 100V/6Aで約14時間
  • 200V/16Aで約2時間20分
  • 急速充電(約80%)は約20分

進化したEV性能で68.2㎞ものEV走行距離が可能に!

新型では、旧型の2倍以上の68.2㎞もEV走行距離が可能になっています。

68.2㎞なら、日常の買い物程度ならガソリンを一滴も使わないで済むことも可能です。

また、専用の充電ケーブルを用いて自宅でも手軽に充電が可能のなはもちろん、給電スポットでの「急速充電」にも対応しており、給電スポットでの急速充電も約20分で満充電量の約80%まで充電可能になり、向上したハイブリッド燃費に加えて、低燃費性能をさらに体感できるようになっています。

新型の走行性能は、「デュアルモータードライブ」システムを採用し、「ワンウェイクラッチ」と呼ばれる機構のおかげで、モーターだけでなくジェネレーターもモーターとして動かすことができ、「モーター2個分」のパワフルな加速性能が発揮されます。

急速充電にも対応、外部電源としても活用できる!

さらに、付属されるコネクターを利用することで、家庭用と同じ100Vの外部給電用コンセントとして100Vの外部給電用コンセントとなり、災害時には家庭用の非常用電源やアウトドアでの移動電源としても使えます。

「EV給電モード」ではエンジンをかけなくても利用でき、エンジンが作動する「HV給電モード」では、満タン状態で一般家庭の2日分の電力が供給可能になります。

デザインも進化

エクステリアデザインも進化。

透明アクリル樹脂を採用した大型グリルと、4眼LEDヘッドランプは照射範囲を左右16個のLEDで細やかに制御するアダプティブハイビームシステムを採用し「MIRAI」に近いデザインとなっています。

バックドアガラスに採用されたダブルバブルウインドゥや、軽量化を可能にした「炭素繊維強化樹脂(CFRP)」を採用するなど、プリウスとは大きな違いがあることも、新型プリウスPHVの特徴です。

こちらの方が「全然カッコイイ!」というのが率直な感想です。

注目装備の「ソーラー充電パネル」は、量産車で世界初採用となり、太陽光の自然エネルギーを駆動用バッテリーに供給し、最大約6.1km/日の走行分の電力量を充電可能にします。

しかし、「S“ナビパッケージ”」、「S」だけに280,800円でメーカーオプションされます。

おそらく重量がかさむので燃費性能に影響が出るということではないかと思われますが、どうせなら上級グレードに標準装備しても良かったと思うのは無理な話しでしょうか。

ライバルは?

三菱のSUVである「アウトランダーPHEV」は、重量のあるSUVの車体の為にハイブリッド燃費こそ大きな差がありますが、EV走行距離は新型プリウスPHV並みの60㎞越えをすでに可能にしています。

また、アウトランダーPHEVは安全性能を高めるなどの改良が2月に行われ、新型プリウスPHVをかなり意識しており、災害時やアウトドアでの給電ということでは、プリウスよりSUVのアウトランダーの方が絵になります。

まとめ

現行プリウスが発表した時からPHVが遅れて登場することはわかっており、本命はPHVだということはささやかれていて、販売が伸び悩んだ要因ともされています。

特に2016年1月に大きく落ち込んだ登録実績を見ると多くの人がPHVを待っていたことわかります。

購入するなら”Sナビパッケージ”で、理由としては、新型プリウスPHVを買うならソーラー充電システムが是非必要と思うからです。

さて、貴方ならどうします?



愛車の価値が
   下がる前に
   一括査定でチェック
   お試し査定もOK!


32秒で最大10社の一括査定
詳しくはコチラ
車の売却は一括査定が便利な3つの理由