ダイハツトールG“SA Ⅱ”

ダイハツトールG“SA-Ⅱ”

2016年11月9日に発売されたダイハツの「トール」と、OEM供給されるトヨタの「ルーミー」と「タンク」、そしてスバルの「ジャスティ」は、コンパクトで取り回しの楽なサイズながらも、規格・設計・生産を担当するダイハツの軽自動車造りのノウハウを活かした広い室内を実現しています。

エンジンには1.0Lエンジンと新開発の1.0Lターボエンジンによって経済性と優れた走行性能を両立させました。

「トール」のグレード構成は標準車とフロントフェイスのデザインが大きく異なる上級装備車のカスタムの2種のスタイルを用意します。また、1.0Lターボエンジン車は2WDのみ、その他は4WD車が設定されます。

自動ブレーキなどの安全装備に関してはダイハツの生産ということで,全車に「スマートアシストⅡ」を設定しています。

ベース車トールとOEM車の違い

トヨタタンクカスタムG-T

ベース車の「トール」と「ルーミー/タンク」はグレード構成と車両価格は同じで、グレード名が「トール」のターボ仕様「Gターボ」が「ルーミー/タンク」の「G-T」に、”SAⅡ”が”S”になる程度です。

大きく異なるのがトヨタの「ルーミー」と「タンク」で、「タンク」が「トール」の標準車と、「ルーミー」が「トールカスタム」と似たイメージのフロントフェイスになります。

「ジャスティ」は「トール」の標準車とカスタムのデザインの関係が真逆になるのと、スマートアシスト非装着車の設定がないのが特徴です。

大きく異なるのが標準車とカスタムのデザインで、「トール」の標準車と「タンク」、「トールカスタム」は「ルーミー」が似たイメージのフロントフェイスになります。

ダイハツの「トール」とOEMの注目ポイント

トヨタルーミーG“S”

★ソリオを上回る室内スペース

室内スペースでは室内幅が「トール」が「ソリオ」を60mm上回り、後席のシートスライド量も「ルーミー/タンク」の方が75mm多く、ステップ高も低く、また後席のダイブイン機能など広さと機能性で「トール」が「ソリオ」より勝っているといえるでしょう。

★1.0Lエンジンを採用

1.0ℓ 1KR-VET DVVT ターボエンジン

「トール」は「パッソ/ブーン」で実績のあるNA1.0Lエンジンを搭載し、CVTの最適制御による低燃費と日常の扱やすさを追求した結果24.6㎞/Lを実現しています。

また、新開発された直列3気筒1.0Lターボエンジンは、1.5Lクラスに匹敵するトルク(140N・m)を発揮し低回転域から優れたレスポンスをもたらす優れた走行性能と低燃費性能を兼ね備えています。

ただし、「ソリオ」と比べるとどうでしょうか。1.2Lの「ソリオ」に比べてパワフルとはいえない3気筒1.0Lエンジンは、同じエンジンの「ブーン」より重量のある「トール」にはあきらかに力不足です。

さらに燃費でも24.8㎞/Lの「ソリオ」1.2L車より下回ります。また、「ソリオ」にはマイルドハイブリッド搭載車があるために、燃費という意味では訴求力がないのです。

販売の主力はトヨタ

トヨタ向けOEM車の「ルーミー」と「タンク」はチャネル別に取り扱いが異なり、トヨタ店とカローラ店が「ルーミー」、トヨペット店とネッツ店には「タンク」として扱われます。

2車はフロントフェイスのデザインが明確に異なりますが、グレード構成や車両価格は同じです。

販売目標台数は

  • ダイハツトール/トールカスタムが1,000台/月
  • スバルジャスティ/ジャスティカスタムが500台/月
  • トヨタルーミー/ルーミーカスタムが3,750台/月
  • トヨタタンク/タンクカスタムが3,750台/月

これを見ても販売の主力はトヨタだという事がわかります。

丁度「パッソ」と「ブーン」との関係と同じですが、「ブーン」は1,000台/月、「パッソ」はカローラ店のみの扱いで5,000台/月でしたが、今回は全店舗扱いという力の入れようですから、計画通りだとしても「パッソ」より多く販売されるのは間違いないでしょう。

くるまのこころ – おすすめの中古車査定ってオンライン一括査定なの? ≫



愛車の価値が
   下がる前に
   一括査定でチェック
   お試し査定もOK!


32秒で最大10社の一括査定
詳しくはコチラ
車の売却は一括査定が便利な3つの理由