車買取業者としては、ガリバーやビッグモーターなどと並ぶ有名業者のラビットですが、実際に査定の依頼をしたら良い金額が提示されるのでしょうか?

ラビット

ワンランク上のノウハウ

中古車の買い取りや販売では業界トップレベルと言われているラビットでは、比較的他の買取業者よりも高値での買取が可能です。

こうした買取り業者では、買い取った車はカーオークションに出品し、販売業者がそれを落札することになります。

ここで、

  1. 買取り業者
  2. オークション会場
  3. 販売業者

のそれぞれに中間コストが発生してしまうために、中古車の販売価格は、買取り査定の価格よりも数十万円高くなってしまいます。

そして、この最終的な販売価格を見越したうえで買取査定額を付けなければいけないため、買取り業者の査定額はどうしても低くなってしまうことが多いのです。

ラビットでもこのプロセスは変わりません。

しかしラビットの場合には、国内最大級のUSSオークションと連携していて、中古車の落札価格をリアルタイムに分析することができます。

USSは、その中古車オークションにいち早くIT(情報技術)を導入し、人間の恣意(しい)が入り込めない、公正かつ効率的な「USSオートオークション」を実現しました。

その後、衛星TV回線による「グローブネットワーク」やインターネットによる「インターネット・ライブ」を加え、全国どこからでも参加できる、利便性の高い、日本最大規模の中古車オークションを提供しています。

出典:オートオークションのご案内| USS

中古車の価格はその日によって変動していていつも同じ価格ではありません。この微妙な変動に敏感に対応しながら買取査定額をつけるので、利用者にとっては少しでも高い査定額を得ることができるのです。

コスト削減

一般的な中古車買い取り業者では、

  1. 査定マンが査定を行う
  2. 工場で最終的な査定作業が行われる

という二重査定になっています。

しかしラビットでは、整備工場で査定を行う査定マンと同じぐらい高い査定スキルを持つ査定マンが自信を持って査定を行っているので、何回も作業を重複する必要はありません。

一度の査定で買取できる査定額を計算し、速やかに次の手続きへと進むことができるのです。

ラビットでは、無駄なコストを全て省き、コスト削減した分を全てお客様に還元するシステムとなっています。どこよりも高く買い取ってくれる裏には、そうしたラビットのたゆまぬ努力が見え隠れします。

ちなみに、小川オートも同様です。

2重査定がない?小川オートの2つの特徴と強みとは!?

3種類の査定の方法

ラビットでは、利用者のニーズやライフスタイルに合わせて3つの査定方法がラインナップされています。

ネット

まず、ネット査定を利用する場合ですが、ラビットの公式ホームページから査定依頼をした場合や、一括査定依頼サイトを利用した場合には、この方法で査定のプロセスが勧められます。

ネットで査定見積もりを依頼すると、

  • 車種
  • 年式
  • 走行距離

などから大体の買い取り額の目安を教えてもらうことができ、その後に実際に査定マンが車を見ながらより正確な査定額を計算していきます。

店舗査定

また、良く通る場所にラビットの店舗がある場合には、中古車を店舗に持ち込んでその場で査定を受けることもできます。

この場合、待ち時間が少ないのでサッと査定額を知ることができるというメリットがありますし、もしも必要書類が全て揃っていれば、その場で買取りの手続きに進むこともできます。

出張査定

その他、自宅に無料で出張査定に来てもらうことができます。

どこで査定するか迷ってるなら

ただ、どこに査定を依頼しようか迷っている場合、基本はネットでの無料一括査定をまず行うことです。

大手の車買取業者はだいたい取り揃えているので、安心できる大手の中から最も良い見積を出してくれた業者を選択することができます。



愛車の価値が
   下がる前に
   一括査定でチェック
   お試し査定もOK!


32秒で最大10社の一括査定
詳しくはコチラ
車の売却は一括査定が便利な3つの理由