下取りには様々な手続きがあり、余計な費用がかかる場合もあります。

ただ、知識があるだけでも不必要にお金を払う必要がなくなったりもしますので、損しないための勉強をしましょう!

また、そもそも下取りに出すよりも一括見積などを行って買い取ってもらう方が得な場合も多いです。どのような方法が貴方に最適か考えてみましょう。

下取車諸費用と査定料

下取りの際にはさまざまな費用を負担する必要がある

青笑顔で運転

実は色々なサービスが費用としてかかってるんだよね

橙危険と恐怖

営業の口車に乗せられないようにしないと

車をディーラーや中古車販売店へ下取りに出す際、必要になるのは新しく購入する車の車両代金だけではありません。下取りの際にはその他にもさまざまな費用を負担する必要があります。

下取りにかかる費用を全て含めると、下取りに出すよりも買取りに出した方が得だったという場合もあるので注意が必要です。

最低限知っておくべき!車の売却は一括査定が便利な3つの理由

下取りの際には車両代金の他、

  • 下取諸費用
  • 査定料

を支払う必要があります。

下取諸費用

下取りはディーラーに古い車を売り、その代わりに新しい車を買ってしまえばそれで契約が完了するという単純なものではありません。

名義変更や廃車手続

古い車の名義をディーラーに変更したり、車の損傷が酷い場合は廃車にするための手続きをしたり、といった処理も下取りに付随して必要になってきます。

このために必要となる費用が下取諸費用です。下取諸費用は下取車手続代行費用や下取車諸手続代行費用と呼ばれることもあります。

もっとも、名義変更や廃車手続の義務は買い手にあるので、本来ならば売り手が費用を負担する必要はありませんが、車業界では慣例として下取諸費用は売り手が負担することになっています。

ローンの完済前に車の場合

また、ローンで車を購入していてローンの完済前に車を売るような場合、所有権がディーラーあるいは信販会社にあるのであればそのまま名義を変更することができないので、一度ローンを返済して不足分を現金で支払うなどの処理を行う必要があります。

これにかかる費用も下取諸費用の一つです。

下取諸費用はディーラーによって異なりますが、おおむね、5,000円から15,000円というのが相場になっています。

査定料

車を下取りに出す際には、中古自動車査定士の有資格者に車の価値を査定してもらう必要があります。査定のために必要になる費用が査定料です。

査定料は下取車査定料と呼ばれることもあります。査定料の費用の相場は5,000円から10,000円です。

しかし、ディーラーに査定を頼むと有料になるのですが、買取専門店の査定料は無料です。そのため、本来ならば査定は無料で行えるものと考えられます。

ネットの車査定を無料で使えるのは何故?理由を簡単に解説

下取車諸費用と査定料は値引き交渉も可能

下取諸費用も査定料も買取店に買取りに出す場合は負担する必要はありませんが、ディーラーや中古車販売店に下取りに出す場合はほとんど確実に請求されます。

しかし、本来ならば支払う必要はない費用なので、値引き交渉を行うことで値引きすることも一応可能となります。

ディーラーとの値引き交渉の進め方!安い見積りを引き出すコツ

もっとも、下取諸費用の値引きは全国的に見てもあまり一般的ではないので、値引き交渉が成立するかどうかは依頼人の交渉術、及び、ディーラーや営業マンの対応次第と言えるでしょう。



愛車の価値が
   下がる前に
   一括査定でチェック
   お試し査定もOK!


32秒で最大10社の一括査定
詳しくはコチラ
車の売却は一括査定が便利な3つの理由