外車を好む方は上手に車の売却ができていますか?

外車を普通に下取りに出そうとすると、多くの場合が損をします。

その理由と、外車を高く買い取ってもらうための手段について説明します!

国産車ディーラー外車の下取価格

橙危険と恐怖

外車は日本で売らない方がいいのか・・・

黄普通のドライブ

「日本で」じゃなくて「日本の車を取り扱ってるディーラーに」だね

青笑顔で運転

車の業者にも、もちろん得意・不得意があるからね

緑飲酒NG

外車は外国人に売ればいいのか

黄普通のドライブ

理解してねーな

国産車ディーラーでは外車の下取価格が安くなる

国産車と比べると外車は高級車ばかりとなっています。

そのため、外車をディーラーに下取りに出す場合は高い下取価格がつくことを期待する人も少なくありません。

しかし、国産車ディーラーでは外車の下取価格が安いのは常識であり、これを頭に入れておかなければ予想をはるかに超えた安い査定にがっかりしてしまう場合もあります。

外車や輸入車を高く買取ってくれる業者を探す方法

外車の下取価格が安くなる理由

理由1.転売が難しいため

外車の下取価格が安くなる理由はいくつかあります。その一つが外車は転売が難しいためです。

国産車と比べると外車は数が非常に少なく、故障が多くて維持費が高いというイメージもあって国内での転売が非常に難しくなっています。

不良在庫になる可能性があるため、高く買い取ることができないのです。

理由2.取引の絶対数が少なく、相場が不安定なため

また、車の査定を行う際には現在の相場も参考にされます。

国産車であれば取引の数が多いので相場も正確で信頼性がありますが、外車となると取引の数が非常に少ないので相場が不正確です。

特に、ランクが高いほど滅多に取引は行われないので、相場を算出するだけの十分なデーターがない場合があります。

そのため、どれくらいで買い取ればいいのか迷うところもあり、下取価格が低く見積もられがちなのです。

理由3.価格の下落が激しいため

外車には価格の下落が激しいという特徴もあります。

有名かつ人気のある外車は例外として、それ以外は古くなるほど売れにくくなり、価値が下がっていきます。

新車で購入した外車が5年後には10分の1の価値になっていたということも少なくありません。こうなると、下取価格よりも販売価格が安くなってしまう可能性があります。

理由4.保障コストが高いため

外車は保障のコストが割高というのも国産車ディーラーが 下取りを渋る理由です。

外車は故障すると部品を輸入する必要があったり、修理に専門知識が必要になる場合があったりします。

仮に転売が成功したとしても保障のコストが高額になりやすく、国産車ディーラーとしてはあまり旨みがないのです。

損失を恐れて安めの査定を出されることが多く、高級な車であるほどその傾向は強くなります。

外車は国産車ディーラーではなく外車ディーラーや買取専門店に売る

外車をメインに販売している外車ディーラーは外車の取り扱いにも慣れているので、外車の下取価格も高く見積もってもらえる可能性があります。

外車の乗り換えを検討している人は国産車ディーラーではなく外車ディーラーに相談した方がいいでしょう。

また、外車は買取専門店でも高く買い取ってもらえます。

ネットの中古車査定のコツや注意点!リアル店舗との徹底比較

買取専門店はオークションをはじめとする独自の販売ルートを持っているので、転売が難しいとされる外車も比較的直ぐに売りさばくことができるからです。

その他、個人売買に慣れている人であれば、個人売買で買い手を見つけるという方法もあります。



愛車の価値が
   下がる前に
   一括査定でチェック
   お試し査定もOK!


32秒で最大10社の一括査定
詳しくはコチラ
車の売却は一括査定が便利な3つの理由