自分の所有物が「0円」と言われたらショックですよね・・・

「そんなはずはない!もっと価値があるはずだ!」なんて言いたくなる気持ちも分かります。

しかし、査定マンにもルールはありますし、業者によっても基準は変わってきます。

では、残念悲惨な0円査定を受けてしまった場合は一体どうすればよいのか?

0円査定

査定額0円ってどういうこと?

中古車の買い取り査定を依頼すると、場合によっては査定額をつけることができない「0円」の価値しかないと言われてしまうことがあります。

これはどういうことかというと、

等が考えられます。

査定額がつかない状況だと、中古車を手放す際に業者に買い取ってもらうという選択肢がなくなってしまうわけですが、そんな時にはどのような選択肢が残るのでしょうか?

廃車にすれば,税金などがいくらかは還付されますが、車はスクラップになってしまいますし、なんとなくもったいない気がするものです。

廃車扱いと言われた車でもパーツとしてなら売れる

中古車の買い取りを行う業者の中には、自動車としての価値はなくても、分解してパーツとしてならいくらかの価値があり、それに対して対価をつけてくれる業者があります。

また、日本人にとっては「ボロボロ」と感じる中古車でも、海外ではまだまだ修理整備をして乗っている人がたくさんいる国もありますから、そうした国への輸出を目的に買い取ってくれる業者もあります。

そのため、買取査定を依頼して「査定額は0円です」と言われても、あきらめずに根気よく業者探しをすることをおすすめします。

業者の選び方のポイントは、海外にも販売ルートや流通ルートを持っている業者がおススメです。

また、

  • 「廃車OK」
  • 「水没車OK」
  • 「事故車OK」

など、どんな状態でどんな年式の車でもいくらかで買い取ってくれるとホームページで謡っている業者などは、ぜひ買取査定を依頼してみましょう。

いくらかの価値がつけば、廃車にするよりもオトクに愛車を手放せます。

<詳細記事>
車の買取り拒否や引き取り拒否をされた時の対処法

あきらめないのがコツ

年式が古い中古車なら、他人から「ボロボロ」と言われなくても自分で十分に自覚しているものです。

しかし、まだまだ十分走ってくれる中古車を廃車にしてしまうのはもったいないですし、少額でもいいから少しでもお金になる廃車以外の方法で業者に買い取ってもらいたいものです。

業者ごとに買取り基準や査定の基準は異なりますし、持っている販売ネットワークや流通ネットワークなどは異なります。

買取業者によって車の価値は変わる

A業者には「廃車にしかならない」と言われ、B業者には「0円の価値しかない」と買取り拒否された場合でも、あきらめずに複数の買取査定にトライしていけば、5000円、1万円で買い取ってくれる業者を見つけることも十分に可能です。

ネットを駆使して業者選びを工夫したいものですね。廃車にするのは、その後でも遅くありませんから。



愛車の価値が
   下がる前に
   一括査定でチェック
   お試し査定もOK!


32秒で最大10社の一括査定
詳しくはコチラ
車の売却は一括査定が便利な3つの理由