車を売る時、下取りに出す時に、どこのお店・業者を利用すればよいか迷う人もいると思います。

しかし、答えは簡単で「複数の業者に査定してもらう」というのがシンプルな正解です。

では、

  • 何故複数業者に査定を受けた方がよいのか
  • どうやって手軽に行うか

について説明させていただきます。

緑飲酒NG

ネットで言うところのマルチ質問みたいなものかぁ

車査定は複数業者へ依頼しないと損する具体的な理由

業者ごとに車査定額が異なる理由

黄普通のドライブ

どうして業者によって査定額にそこまで差が出るんだろう?

中古車の査定は、リストアップされている査定項目があり、経験のある査定士が一つ一つの項目をチェックしながら査定額を計算していきます。

査定士には資格が必要ですが、100%絶対的なルールがあるわけではなく、

  1. 業者によって
  2. 査定士によって

同じ中古車を同じ場所で査定しても査定額が異なってくることが多いものです。

車を手放す側にとっては、やはり少しでも高く買い取ってくれる所を選びたいわけですから、1社からの査定で満足せずに複数業者に査定を依頼して、最も高く買ってくれる業者を選ぶのが必須事項です。

ほとんどの業者では、査定は無料で行っていますし、忙しい人は自宅まで出張査定に足を運んでくれることも多いので、ライフスタイルによって受けやすい方法を選びましょう。

査定額を決める要素はたくさんあり、業者によってどう捉えるかも異なる

基本ポイント

査定額を決める要素はたくさんあります。一般的な、

  • 外装
  • 内装
  • エンジンルーム
  • タイヤ周り

などはどこの査定業者でもチェックしますし、一つ一つのパーツの状態や事故歴などに合わせて査定額が決められて行きます。

大きな凹みや傷があれば査定額に影響しますが、細かい傷や凹みがどのぐらい査定額に影響するかは査定マンによって異なるようです。

その他のポイント

そのほか、

  • 車にどんなオプションがついているのか
  • 車に乗っていた期間
  • どのようなメンテナンスをしていたのか

なども査定に影響してきます。

例えば、多くの自動車についているカーナビは純正のものがついていることもあれば、後付けしたものがついていることもありますし、人によってはカーナビは外した状態で売りたいということもあるでしょう。

査定を受ける際には、売る際に外したいオプションはあらかじめ査定マンに知らせたほうが、より正確な査定額を計算しやすくなります。

点検時の整備記録は取っておこう

また、オイルチェンジや定期点検など簡単なメンテナンスを受けるだけでも整備記録を発行してもらうことができます。

保管せずにポイと捨ててしまう人が多いのですが、この整備記録をしっかり保管しておくことは、車の査定ではプラスに作用してくれるので、できるだけ捨てずに保管するようにしましょう。

その他、スペアキーがあるかどうか、キーレスエントリーのシステムがついているかなどの点によっても査定額は変わってきます。

そして、今説明したような細かい要素によっても業者によって査定額が変わってきます。

むしろ、これだけたくさんのチェックポイントがあって、全ての業者・査定士が同じ金額を提示するということの方が無理でしょう。

複数業者から査定を受けることで相場を掴み、損を避けることができる

青笑顔で運転

相場(平均値)を掴むという意識も大事

車の査定を複数業者から受けることは、自分の車を手放す時にどのぐらいの価値があるのかを客観的に知ることができるというメリットがあります。

中古車販売センターなどで売られている自動車の価格が査定額になるというわけではなく、それよりも数十万円低くなった金額が買取査定額となるわけですが、相場を知ることによって買取りの際の交渉がしやすくなるというメリットもあります。

自分の愛車の査定相場を知らず、1社だけに査定をお願いしたり、馴染みの店で下取りに出すということをしてると、気付かないうちに愛車を安く買い叩かれていることになるので、

  1. 単純に車を売る際
  2. 車を乗り換える際

いずれにしても必ず複数業者に車を見てもらうようにしましょう。

その際、1社1社足を運んだり電話したりするのはとても現実的ではないので、一括査定サービスを使うのが一般的です。



愛車の価値が
   下がる前に
   一括査定でチェック
   お試し査定もOK!


32秒で最大10社の一括査定
詳しくはコチラ
車の売却は一括査定が便利な3つの理由