ネットで中古車査定の一括見積などに申込む意味って何でしょうか?

適当に見積依頼をするだけでは失敗する可能性もあるので、最低限の知識は入れておきましょう。

また、リアル店舗に依頼するのと何が異なるのか?などについても説明していきます。

ネットで中古車査定

中古車をネットで査定する意義

赤真剣に運転

ネットとリアル店舗って何が違うんだろう?

橙危険と恐怖

騙されたくないよぉ

青笑顔で運転

じゃあそれぞれの特徴を見ていこうか

そろそろ愛車を売却したくなった場合、まずは中古車の買取店や買取専門業者に査定をしてもらう必要があります。

住んでいる地域に買取店(リアル店舗)が存在するのであれば、持ち込んで査定してもらうことも可能です。

しかし、リアル店舗は地域によってばらつきがあり、家からお店までの距離が遠い、そもそも存在しないといった場合も多く、リアル店舗は誰もが利用できるとは限らないのです。

このような場合、他の方法を選ぶことになるでしょう。

ネットならどこでも好きな時間に中古車査定

インターネットの中古車査定なら、全国どこに住んでいても愛車を査定してもらうことが可能です。

ネット上には様々な中古車の査定サービスがあり、パソコンやスマホのようなネットに接続できる環境があれば、自宅でも外出先でも、好きなときに利用できます。

特に近所にリアル店舗がない方の場合、ネットの中古車査定は大きなメリットを受けられるでしょう。逆にお店が近所にある方でも、わざわざ出向く必要がないため、時間を有効に利用できます。

ネットでの中古車査定の申込みの時間は10分程度

ネットの中古車査定の申し込みに必要な時間は、長く見積もっても10分程度です。

10社以上の業者に見積を申し込めるサービスもあるため、多数の業者の中から比較して選ぶことができます。

1円でも良いから高く売りたい場合、複数の中古車査定サービスを利用し、多くの業者から見積をもらう選択肢もあります。

なるべく多くの業者から見積りを取る

ひとまず愛車の価値を知りたい場合も、最初は5社程度に見積もってもらうと良いでしょう。

少しでも多くの業者に見積もってもらうことが、ネットの中古車査定を利用する際の最大のコツです。比較ができるようになるだけでなく、愛車を欲しがっている業者を見つけられる可能性が高まります。

その車種を欲しがる業者があれば、他社よりも高値で買取してくれることもあるのです。

また、自分で業者を探さなくても良いため、業者探しにかかる時間を節約できます。

5社よりも10社、10社よりも15社と、自分が納得できるまで多くの業者へ見積を依頼しましょう。

申込みの流れと用意しておく情報

用意しておく情報

ネットの中古車査定を利用する場合、まず手元に車検証と走行距離を書いたメモを用意します。ただし、

  • 車種名
  • グレード
  • 年式

が分かっている場合は車検証が必要ありません。正確な年式や走行距離などの情報は、詳しい査定結果を得るために必須と言えます。

次に中古車査定のサイトへとアクセスしましょう。ここで一括見積もり申し込みページを開き、情報を入力していきます。

必要な情報はサイトによって少し異なりますが、

  • メーカー
  • 年式
  • 事故歴
  • 修理歴の有無

などをフォームに入力しましょう。

選択できる場合、連絡方法も決めておくことが大切です。入力が終わったら最後にチェックを行い、間違いが無ければ送信しましょう。

査定期間

業者に申し込みの連絡が届くと、その内容を基に査定が始まります、中古車査定を申し込み後、早ければ即日で査定結果の連絡があります。

ただし業者次第のため、2~3日かかることもあるので注意しておきましょう。

1週間経っても連絡が無い場合、業者が単に忘れているか、メールや電話を見落としている可能性もあります。可能であれば業者に連絡し、確認を取ってみましょう。

業者ごとの結果を見ながら検討する

中古車査定の流れは基本的にシンプルです。申し込みと結果連絡の2ステップとなるため、時間が空いたときに申し込むと良いでしょう。

その後は結果を比較して業者を選び、売却の是非を検討することになります。業者の評判もチェックし、時間をかけて選ぶようにしましょう。

こんなに損する!中古車査定で評判の悪い業者選んではいけない理由

買取を申し込んだ場合、その後業者から連絡があります。

自宅まで業者が買取へ来てくれますので、スケジュールに合わせて都合の良い日を伝えておきましょう。買取に必要な書類を集めることも忘れないよう注意が必要です。

業者からの連絡方法の注意点

業者からの連絡方法

ネットの中古車査定の注意点は、連絡方法をしっかり選んでおくことです。

メール連絡

一般的にはメールか電話のどちらかとなりますが、メールの場合は迷惑フォルダに振り分けられてしまうおそれがあります。

そのため、何日経っても業者からの連絡が来ない、見積もり結果が届かないと言った場合、メールが迷惑フォルダに入っている可能性があるのでチェックしておきましょう。

電話連絡

電話を選んだ場合、連絡の取れる時間帯を伝える必要があります。

業者は営業時間内に電話をかけてきますので、その時間帯に電話を取れなければこちらから電話するか、再度電話がかかってくるのを待つことになります。

また、土日祝は休みの業者も中にはありますので、査定を申し込むタイミングによっては数日間電話が来ない場合もあります。

電話に中々出られない場合や時間がない方は、連絡方法はメールを選んでおくと良いでしょう。

初期の査定結果はあくまでも概算

また、ネットという性質上、あくまでも査定結果は大まかな概算です。

実際の買取金額と齟齬が生じるケースもあるため、必ずしもその価格で買い取ってくれるとは限りません。

最初の見積通りの金額で買取してくれる業者も当然ありますが、愛車の状態次第では買取価格がダウンすることも考えられるので注意しましょう。

リアル店舗との違い

ネットの中古車査定とリアル店舗の違いは何でしょうか?

下記の3点から比較してみましょう。

  1. 買取にかかる時間
  2. 買取価格
  3. 交渉

1.買取にかかる時間

時間はリアル店舗の方が早い

まず挙げられるのが、買取にかかる時間が異なる点です。

リアル店舗の場合は愛車を直接持ち込むことになりますが、査定結果に納得でき、かつ必要な書類が揃っていればその場で買い取ってもらうことができます。

つまり、即日買取も不可能ではないのです。査定も数十分で終わるため、場合によっては1時間で買取が終了します。

ネットでは数日を見込む必要あり

一方のネットの中古車査定の場合、業者からの査定結果を待つのに数日、その後買取を申し込むと、業者が自宅へ訪問するのに数日を見込む必要があります。

ネットの業者は出張買取という方法を採用していることが多く、家まで来てくれる点がメリットです。

ただし、業者の営業時間内に来てもらわないといけないため、自身のスケジュール次第では訪問日が数週間後になる可能性もあります。

なるべくスケジュールに余裕を持たせておくことが望ましく、業者の営業時間を前もって確認する必要があると言えます。

2.買取価格

リアル店舗では正確な買取価格がすぐ分かるが安くなる場合が多い

また、リアル店舗では愛車を直接持ち込むため、現在の状態を基に査定してもらえます。そのため、正確な買取価格がすぐに分かります。

ネットの場合は申し込み内容を基にして査定を行う都合上、正確な買取価格がすぐ分かりにくいという違いがあります。

ただし、上述したように、リアル店舗では競合他社が発生しないので、買取価格が安くなる場合が多くなります。

ネットの方が買取価格が高い

ネットの買取専門業者は店舗を持たないケースが多く、買取価格が高いと言う特徴があります。この点もリアル店舗型の業者との大きな違いです。

リアル店舗を持っている業者の場合、店舗維持コストや人件費を始め、様々な経費がかかります。

そのため買取価格が低くなる傾向があり、ネット専門の業者と比較して損する可能性があるのです。

単純に買取価格だけで違いを見た場合、同じ車でもネットの査定の方が5万円、10万円程度高く買い取ってもらえる可能性が生まれます。こともあります。

3.交渉

リアル店舗だとその場の担当者との交渉になる

価格交渉の方法も異なります。リアル店舗の場合、その場で担当者と買取価格の交渉をすることになります。

交渉事が苦手な方には重荷となりがちで、担当者の言い分に負けてしまうことがあるでしょう。

ネットなら査定価格が低い業者を選ばなければいいだけ

ネットの中古車査定の場合、査定価格が低ければ他社を選ぶことも可能です。

つまり、面と向かって人間と交渉することなく、ただ単に他の業者を選んでしまえばいいわけです。

メールや電話で価格交渉することも可能ですが、他社という交渉のカード、選択肢があることは大きな強みとなります。



愛車の価値が
   下がる前に
   一括査定でチェック
   お試し査定もOK!


32秒で最大10社の一括査定
詳しくはコチラ
車の売却は一括査定が便利な3つの理由