車を廃車にする際には大きく分けて「一時抹消登録」「永久抹消登録」の2種類がありますが、どうやって選べばよいのでしょうか?

  • その2つの明確な違い
  • あなたの生活に合わせた選び方
  • メリット・デメリット

などを覚えておきましょう。

一時抹消登録と永久抹消登録の違い

橙危険と恐怖

難しい言葉ヤダよぉ

青笑顔で運転

言葉のイメージが難しいだけで区別は簡単だから安心して

廃車手続きには一時抹消登録と永久抹消登録の2種類がある

車の廃車手続きを行う際、一時抹消登録か永久抹消登録を行うことになります。

「車が存在しているかどうか」が明確な違い

永久抹消登録と一時抹消登録の違いとは、一言で表現すると車が存在しているかどうかです。

一時抹消登録では車が存在している状態でナンバープレートを陸運局に返却します。

ナンバープレートがついていないので、車は公道を走ることができなくなります。

中古車販売店でナンバープレートのついていない車が並んでいますが、それらは全て一時抹消登録の期間中の車ということです。

一時抹消登録の期間中は税金を支払う義務、保険料を支払う必要がなくなります。

永久抹消登録では車を解体業者に頼んでスクラップにし、車が存在していない状態でナンバープレートを陸運局に返却することです。

永久抹消登録の手続きには車の解体後、解体業者から解体証明書を受け取る必要があります。

一般的に、廃車という場合は永久抹消登録のことを指します。

車が存在していない状態で手続きを行うことになるため、事実上、再登録は不可能です。税金を支払う義務や保険料を支払う必要もすでに消滅しています。

一時抹消登録

一時抹消登録は車両の再登録が可能です。再登録をした後は再び車検を受け、車検に通過すれば改めてナンバープレートが付与されます。

現在は車に乗ることがなくても、将来的に車に乗ることがあるという場合は一時抹消登録を選択することになります。

具体的には

  • 長期の出張や入院
  • 車の売買や譲渡
  • 工場の敷地内などの私道のみで使用する

といった場合に一時抹消登録は行われることになります。

一時抹消登録のメリット

一時抹消登録のメリットは税金と保険料がかからなくなることです。

また、一時抹消登録の後、解体届出をすれば永久抹消登録を行うことができるので、廃車にするかどうかまだ分からないという場合にも利用できます。

一時抹消登録のデメリット

一時抹消登録のデメリットは、車が存在しているので駐車場を確保する必要があるということです。

そのため、場合によっては駐車場代金を支払う必要があります。

また、永久抹消登録には自動車重量税の還付金がありますが、一時抹消登録には自動車重量税の還付金はありません。

永久抹消登録

永久抹消登録では車をスクラップにするので、もちろん公道も私道も走ることができなくなります。将来的に車に乗ることがないという人が選択する手続きです。

具体的には、

  • 車の損傷・消耗が酷くて下取りや買取りにも出せない
  • 修理する気がない

といった場合に永久抹消登録は行われることになります。

もっとも、近年では状態が悪くても値段をつけてくれる買取専門店が増えてきているので、永久抹消登録の利用者は減りつつあります。

永久抹消登録をすると車がなくなって身軽になりますが、その手続には数日の日数、1万円程度の費用がかかります。

永久抹消登録・一時抹消登録・解体届出などの廃車手続きを詳しく解説



愛車の価値が
   下がる前に
   お試し査定もOK!


愛車が最高額で売れる
41万円アップ
48万円アップ

「車査定・買取の窓口」は、一括査定サービスのように複数社からたくさん電話がかかってくるのではなく、窓口が最も高い買取会社を選定してくれたうえで連絡してくれます。

ですので、従来の一括査定サービスのように、多くの業者とやり取りをするという面倒な手間がありません。

自分で色々な業者と話をしたり交渉したい人は普通の一括査定サービスを利用すればいいですが、そうじゃない人は、車査定の窓口を利用して「愛車をもっとも高く評価してくれる業者を選んだうえで連絡をもらう」方がおすすめです。

電話は一社のみ
高く売れる買取業者を紹介
詳しくはコチラ