一括査定などのサービスを利用すると分かることですが、車の買取業者(店)によって中古車の査定額というのは違います。

全く同じ車なのに

  • A社は45万円
  • B社は57万円

というような差が生まれるわけですね。

では、何故このように業者によって査定額に差が出るのか?

中古車の査定額・買取額が店によって違う理由

中古車の査定額が異なるのは店の事情から

黄普通のドライブ

時期などの理由によって業者が欲しがる車種が変わる?

自動車を買取業者に持っていって、査定を受けます。すると業者によって査定額が異なることはままあります。

全く同じ自動車を見せても、買取業者によって買取額が何十万円も違ってくることがあります。買取額が違う理由はいくつかありますが、店の事情が大きく関係しています。

買取業者によって、その時必要にしている車種が異なります。もし「ミニバンを強化して買取したい」と思っているお店にミニバンを持っていけば、おのずと買取額は高くなります。

商品を売る際に特定の商品を売るキャンペーンがあるように、買い取る際にも同様の現象があるというわけですね。

業者の中には欲しい車種を買取強化などとホームページで紹介していることもありますから、自分の所有する車種が該当していないかチェックしてみると良いでしょう。

参考にしている情報が異なる

緑飲酒NG

どこの情報を見て価格を決めるかのルールが異なるの?

買取業者によって査定金額が違う理由の中に、そもそも参考にしている情報が違うという事情もあります。

基本的に多くの買取業者で、業者用のオークションの落札価格を参考にしています。

ところがこの業務用のオークションですが、日本全国に複数あります。つまりどのオークションの落札価格を参考にしているかで、買取金額もおのずと違ってきてしまうわけです。

カーオークションとは!?

中古車販売のネットワーク

赤真剣に運転

チャネルにも違いがある

買取業者はユーザから中古車を買い取ると、それを今度は売らないといけません。そして、どのような方法で中古車を売却するか、業者によって異なります。

これも査定額が業者によって違う理由の一つです。

オークションや自社販売

先ほど紹介した業者用のオークションに出品して処分するのが一般的です。しかし中には自分たちのところで中古車販売も手掛けている業者もあります。

このように販売のチャンネルをいろいろと持っている所の方が買い手の付きやすい分、査定額も高めになります。

また買取業者の中には、海外に輸出できる販売ルートを持っているお店もあります。

海外に渡す業者もある

海外では日本車は高く評価されていて、かなり走行距離の出ている自動車でも引き取ってくれるケースは珍しくないです。

このため、

  • 低年式車
  • 過走行車のような問題のある自動車
  • 他の買取業者では値がつかないと言われたような不人気車

なども海外に販売ルートを持っている買取業者であれば、それなりの価格で引き取ってくれる可能性があるわけです。

まとめ

つまり、もし愛車を売却しようと思っているのなら、一つの業者に査定をお願いするのではなく、複数の業者に出した方がより高く売れる公算が高いわけです。

いちいち自動車を買取業者に持ち込むと大変でしょうから、一括査定サイトを使ってできるだけ多くの業者の簡易査定を受けましょう。

そして高く評価してくれた業者をいくつかピックアップして、実車査定をして最終的な買取額を見て、売却先を判断するのがオススメです。



愛車の価値が
   下がる前に
   お試し査定もOK!


愛車が最高額で売れる
41万円アップ
48万円アップ

「車査定・買取の窓口」は、一括査定サービスのように複数社からたくさん電話がかかってくるのではなく、窓口が最も高い買取会社を選定してくれたうえで連絡してくれます。

ですので、従来の一括査定サービスのように、多くの業者とやり取りをするという面倒な手間がありません。

自分で色々な業者と話をしたり交渉したい人は普通の一括査定サービスを利用すればいいですが、そうじゃない人は、車査定の窓口を利用して「愛車をもっとも高く評価してくれる業者を選んだうえで連絡をもらう」方がおすすめです。

電話は一社のみ
高く売れる買取業者を紹介
詳しくはコチラ