マツダオートザムとは

マツダの小型車種を取り扱う販売店

自動車メーカーの一つとして人気のマツダには、メインストリームとなる松田店以外に、

  • マツダアンフィニ店
  • マツダオートザム店

などのブランドがあります。

このうち、マツダオートザムとは、もともとマツダ車の中でも軽自動車など小型の車種をメインに取り扱うために設立されたブランドで、1998年にマツダオートザム店として確立されました。

その前の母体はオートザム店でしたが、この店舗は中古車ディーラーや整備工場などが多く加盟していて、サービスの基準が一定していなかったようです。

しかし、1998年にマツダオートザムに統一されてからは、マツダが規定する一定基準を満たさなければ加盟店になることができなくなり、全国どこの店舗に足を運んでも満足できるサービスを受けることができるようになりました。

取り扱う車種

マツダオートザムでは、マツダ自動車が取り扱う車種は幅広く取り扱っていて、小型車はもちろん、大型のミニバンなどでも対応しています。

マツダオートザムで取り扱っていない車種はわずか4車種のみとなっていて、

  1. ロードスター
  2. ファミリアバン
  3. タイタン
  4. アテンザ

があります。

他の自動車メーカーと比べると、一般的に価格帯が良心的なマツダ車は、オシャレで素敵な車に乗りたいけれどコストはあまりかけたくないという人にとっては理想的な車種がずらりと揃っています。

一時期、マツダ自動車がフォード自動車の傘下に入った時期がありましたが、アメリカの金融危機に伴ってフォード傘下から独立を果たし、現在ではマツダ自動車として新世代店舗など新しいコンセプトの店舗展開を推し進めています。

しかし、フォードとの合弁事業は継続されているようです。これからも目がななせない自動車メーカーと言えるのではないでしょうか。

マツダオートザムの買取査定

マツダオートザムでは、中古車の買取査定も行っています。

マツダ車は他のメーカーと比べると販売価格がリーズナブルな車種が多いため、買取り査定も他のメーカーと比べて低めになってしまうことが多いのですが、マツダから別のマツダ車に乗り換えたい場合には、かなり高めの下取り価格を提示してもらうことができます。

買い替えではなく買取りのみの場合でも、マツダオートザムではマツダの経験豊かな査定マンが慎重に中古車の状態をチェックしてくれます。

一時的にフォード自動車の傘下に入ったことがあり、現在では再びフォードから独立をしていますが、合弁事業は継続しているためにフォードの流通ネットワークを使えることも、マツダオートザムが中古車の高値買取ができる理由の一つと言えます。

買取業者によって査定額に差が出やすいメーカーなので、複数の業者から査定を取るのがオススメです。



愛車の価値が
   下がる前に
   お試し査定もOK!


愛車が最高額で売れる
41万円アップ
48万円アップ

「車査定・買取の窓口」は、一括査定サービスのように複数社からたくさん電話がかかってくるのではなく、窓口が最も高い買取会社を選定してくれたうえで連絡してくれます。

ですので、従来の一括査定サービスのように、多くの業者とやり取りをするという面倒な手間がありません。

自分で色々な業者と話をしたり交渉したい人は普通の一括査定サービスを利用すればいいですが、そうじゃない人は、車査定の窓口を利用して「愛車をもっとも高く評価してくれる業者を選んだうえで連絡をもらう」方がおすすめです。

電話は一社のみ
高く売れる買取業者を紹介
詳しくはコチラ