日本のラグジュアリーカーブランド、レクサスから10月下旬に日本で販売される新型「ES」に、量産車としては世界で初めてとなるデジタルアウターミラーを採用することが分かりました。

これは母体のトヨタ自動車が2018年9月12日に発表したもので、ついにサイドミラーがデジタル化されることになります。

世界的なサイドミラーのミラーレス化への動きの始まりとも言える発表と言えるのではないでしょうか。

今回、このデジタルアウターミラーについて説明し、同業他社のサイドミラーレス化への取り組みやレクサスにおける「ES」の立ち位置を絡めながらお話しします。

デジタルアウターミラー

動画まとめ

デジタルアウターミラー

レクサス・新型「ES」に量産車世界初のミラーレスとなる”デジタルアウターミラー”を採用。悪天候時や車線変更時の死角もクリアに

デジタルアウターミラーとは

今回採用されたデジタルアウターピラーですが、一言で言うと「サイドミラーを鏡からデジタルビデオカメラに替えたもの」です。

今回採用された仕組みは、サイドミラー(ドアミラー)についていた鏡を小型カメラに置き換え、左右のAピラー(運転席前にある左右の支柱部分)の下方スミに5インチのディスプレイを置き、そこに撮影した映像を表示するという構造になります。

デジタルアウターミラーの目線移動

小型カメラで撮影した動画を左右の隅に設置されたディスプレイで確認するという仕組みです。

左右の隅にディスプレイが設置されているということで、手元に左右の後方画像が表示されるのではないため、運転時もドライバーの挙動は従来とほぼ同じ感覚になります。

メリットは従来のサイドミラーよりも小型化できるため、前方の視界が広くなること、風切り音の低減が可能になるため、室内の静粛性が増すこと等があります。

また雨天時、従来のサイドミラーは水滴で使用しにくいことがありましたが、小型カメラの形状を工夫することにより、雨天時の水滴にも強くなっているとされています。

雨天時

同様に夜間もカメラの性能によって視認性を高めているとのことで、従来のサイドミラーの弱点を補っているシステムとも言えます。

夜間

更に、今回採用されたデジタルアウターミラーはウインカー操作やリバース(バック)動作に連動して表示エリアを自動的に拡大するという機能のほか、ドライバーによる設定で任意に表示エリアを拡大させることもできるようになっています。

ただ、あくまで撮影した動画がディスプレイに表示されるものに変わりはないため、わずかな時間差(ラグ)などドライバーへ悪影響を与えるという意見もあります。

個人的には、そういった弱点もカバーした上での販売だと思っていますから、当面は深刻な問題は発生しないと考えています。

他社のサイドミラーレスの動き

最初に挙げられるのは、レクサスと同じくラグジュアリーブランドとして君臨する独メルセデス・ベンツです。

販売展開は行っておりませんが、同国のコンチネンタル(タイヤメーカーのイメージが強いですが周辺装備の開発も積極的に行っています)と協力して、数年前からベンツEクラスをベースにしたサイドミラーレスの車を発表するなど、積極的な動きを見せています。

それと、2018年9月現在正式な発表はなされていませんが、9月下旬にドイツで開催されるIAA(Internationale Automobil-Ausstellung:国際モーターショーの意味)商用車ショーにおいて、新型のトラックにサイドミラーレスを搭載した車種を発表するという情報もあります。

これらの動きから、乗用車にサイドミラーレスを採用するのは時間の問題と思われます。

また、モーターショウのコンセプトカーレベルであれば、BMW(i8)など欧州車メーカーが積極的に発表しており、日本と欧州からサイドミラーレスの動きが始まるものと考えます。

レクサスの立ち位置、「ES」だけじゃなく「LS」に採用しないのか?

レクサスブランドはもともと海外でのトヨタのブランドイメージ(日本車全体のものとも言えますが)、

「壊れないが、あくまで安物の大衆車」

というイメージを払拭するため、

「機能的で高品質、そして安全性と信頼性を持ちながら欧米のラグジュアリーブランドよりもリーズナブルな高級車」

を販売するという目的で立ち上げられたブランドと言われています。

今回のサイドミラーレスもその目的である「機能的」であるとか「安全性」「信頼性」を全世界にアピールする目的での発表とも言えるかもしれません。

そういった立ち位置からも、レクサスが世界に先駆けて発表する意義はあったといえます。

また、トヨタブランドへのフィードバックとしての立ち位置もあり、いずれはトヨタブランドの

  • クラウン
  • カローラ
  • プリウス

などといった車種にまで拡大されていく可能性は十分あり得ます。

「ES」はレクサスブランド立ち上げ当時から「LS」とともに販売された中大型セダンであり、伝統あるブランドとしての立ち位置があります。

今回、敢えて他の車種ではなく「ES」になったのかを考えてみました。

デジタルアウターミラーは革新的な技術です。

ただ、これだけの革新技術をいきなり「LS」にもっていくにはあまりにリスクが大きいと考えられます。

十分な計画や実験を行い、満を持して発表した技術であっても万が一ということもありうるからです。

ブランドイメージを極端に傷つけず、かといってある程度のインパクトを与えるにはセカンドグレードとも言える「ES」に投入するのがふさわしいと考えたのかもしれません。

(ベンツもSクラスではなく、Eクラスで実験していることから同じことを考えている可能性もあります。)

そう言った理由でレクサス「ES」を最初の展開にしたのだと考えます。

まとめ

間もなく訪れるであろうサイドミラーレスの動きは、レクサスの「ES」から始まりますが、欧州車の攻勢も間もなく始まることが予想されます。

この動きに米国や日本の同業他社、あるいは韓国や中国などの他の動きも注目です。



愛車の価値が
   下がる前に
   お試し査定もOK!


愛車が最高額で売れる
41万円アップ
48万円アップ

「車査定・買取の窓口」は、一括査定サービスのように複数社からたくさん電話がかかってくるのではなく、窓口が最も高い買取会社を選定してくれたうえで連絡してくれます。

ですので、従来の一括査定サービスのように、多くの業者とやり取りをするという面倒な手間がありません。

電話は一社のみ
高く売れる買取業者を紹介
詳しくはコチラ