2018年12月20日、スズキはスペーシアをベースとしたSUV風の軽ハイトワゴン、スペーシア ギアを発売しました。

イメージ画像が、軽ワゴンなのにキャンプなどの野外活動をイメージさせるものを前面に打ち出したユニークな車種です。

このように、これまでの軽自動車にはないジャンルの製品となった今回の軽自動車ですが、ベースとなったスペーシアの特徴やそのスペーシアとの違い、新しいジャンルである「SUV+軽+ハイトワゴン」というコンビネーションの意味するもの、そして、これまでのスズキの実績についてまとめていきます。

スズキ「スペーシア ギア」

ベースとなった「スペーシア」とは

「スペーシア ギア」のベースとなったスズキ「スペーシア」ですが、軽トールワゴン、または、軽スーパーハイトワゴンと呼ばれるジャンルに入る日本独自のジャンルのモデルになります。

これは、軽自動車におけるミニバンを指すもので、スペーシアもこの軽自動車でありながらミニバンのような荷室や居住空間を目指したモデルです。

スペーシア

このモデル自体(マイナーチェンジ後の)発売が2017年12月と比較的新しく、全グレードにマイルドハイブリッドシステムを搭載しています。

ハイブリッドと言うと、エンジンの他に大型のモーターを搭載しているイメージがありますが、このマイルドハイブリッドシステムは通常のガソリンエンジンについている小型モーター(エンジン自体を動かす目的のモーター)をそのまま強化して補助動力にしたもので、発進時など燃料消費の大きい場面でモーター動力として使用されるシステムになります。

つまり、軽自動車の限られたスペースの中で動力部分を大きくせずに消費燃料を抑える工夫をしたモデルなのです。

スペーシアは動力部分を広くしない代わり、室内空間を極力広げる工夫をしています。

車名の由来である「Space」(空間と言う意味の英語)を意識したつくりとなっており、全高やホイールベースの拡大をマイナーチェンジ子に施しています。

それにより、シートの高さもやや高くなり、広く感じられる工夫を行っています。

このように、燃費を低く抑えつつ、極力室内空間の確保を狙ったモデルがスペーシアと言えます。

「スペーシアギア」の特徴

低燃費と広いスペースの獲得を狙ったスペーシアをベースとして開発されたのが今回のスペーシアギアです。

このスペーシアギアは、専用設計のフロントバンパーや、プロテクターを模した装飾パネルを装備したエクステリア上の変更や、インテリアの差し色にオレンジを多用したデザイン、汚れに強い防汚仕様の床面、荷室にしています。

ダッシュボードをツールボックス(工具入れ)のようなデザインにしたものも見られます。

ダッシュボード

このように、通常のスペーシアにアウトドアでも楽しめる装備を搭載したのがスペーシアギアの特徴になります。

もちろん安全装備もスペーシアと同じものを使用しており、安全性もおろそかになっていません。

安全装備

また、ハイブリッドターボや4WDモデルなど、ある程度状態の悪い舗装路や山道であってもぐいぐい進んでいく足回りも用意されています。

新しいジャンル「SUV+軽+ハイトワゴン」

軽自動車にハイトワゴンと言うのは、今までも多くの自動車メーカーが導入してきました。

具体例を挙げるとダイハツのタントホンダのNBOXなどがそれに当たります。

ダイハツのタント

ホンダのNBOX

スペーシアも当初はそれらのモデルに対抗すべく開発された経緯があり、ここまでは珍しいジャンルではありませんでした。

しかし、今回スズキが投入したのは、そこにSUVの要素を取り入れた点です。

昨今のキャンプブームをにらみ、家族や友人たちと気軽に山へ行けると言うモデルが、この「スペーシア ギア」なのです。

もちろんスキー場へ行くのにも適した車となっており、今までだとこういった場面では軽ハイトワゴンで無理に行くか、あるいは本格的な乗用車(スズキだとエスクードのような)に乗ることもありました。

しかし、このスペーシアギアがあれば、軽自動車でありながら快適にそういった場所へ向かうことができるというメリットが得られるのです。

恐らく、これがヒットすれば各社が同様のコンセプトのモデルの投入を行い、一つのジャンルが確立する可能性が高いです。

スズキの実績~SUVの強み~

スズキは、セダンやハイブリッド、EVなどは、極端な強みを持っていませんが、軽自動車やSUVには、強みがあります。

現にいくつかの自動車メーカーが軽自動車の製造から撤退し、スズキからOEM(他のメーカーで作ったものを自分のブランドで売るための製品)供給を受けているのがその証拠と言えます。

また、SUVにおいても実績があり、本格SUVのエスクードや営林署などの実際の現場でも活躍しているジムニー、そして軽自動車にSUVの要素を強めつつ市街地でも乗りやすくしたハスラーなどを投入し、成功を収めています。

今回投入するスペーシアギアも、ジムニーやハスラーなどのように軽自動車界のヒット作となるスズキのSUVのDNAを持っているモデルです。

まとめ

スペーシアと言う市街地の生活に焦点を当てた軽ハイトワゴンに、野外活動を快適にするSUVの要素を盛り込むという軽自動車界の初めての試みは、ある意味スズキの新たなる挑戦と言えるのではないでしょうか。

今後の動向に期待したいところです。



愛車の価値が
   下がる前に
   お試し査定もOK!


愛車が最高額で売れる
41万円アップ
48万円アップ

「車査定・買取の窓口」は、一括査定サービスのように複数社からたくさん電話がかかってくるのではなく、窓口が最も高い買取会社を選定してくれたうえで連絡してくれます。

ですので、従来の一括査定サービスのように、多くの業者とやり取りをするという面倒な手間がありません。

自分で色々な業者と話をしたり交渉したい人は普通の一括査定サービスを利用すればいいですが、そうじゃない人は、車査定の窓口を利用して「愛車をもっとも高く評価してくれる業者を選んだうえで連絡をもらう」方がおすすめです。

電話は一社のみ
高く売れる買取業者を紹介
詳しくはコチラ